コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレマン アレマン Alemán, Mateo

4件 の用語解説(アレマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレマン
アレマン
Alemán, Mateo

[生]1547. セビリア近郊
[没]1614? メキシコ
スペインの作家。悪者小説の典型『グスマン・デ・アルファラチェ』 Guzmán de Alfarache (1599,1604) の作者。この作品が作者の生涯を知る有力な手掛りとなっている。監獄の外科医の子に生れ,セビリアの大学を出たあとサラマンカとアルカラの大学で医学を学んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アレマン

スペインの作家。大学では医学を学んだが,途中で放棄して役人となり,下獄までする波乱の人生を送り,メキシコに渡ってそこで没した。代表作《グスマン・デ・アルファラーチェの生涯》(1599年―1602年)は《ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯》のあとを受けて,ヨーロッパにおけるピカレスク小説ジャンルを確立した作品として重要。
→関連項目悪者小説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アレマン【Mateo Alemán】

1547‐1615ころ
スペインの小説家。サラマンカとアルカラで医学を学んだのち役人となったが,職権乱用と負債のため2度にわたって入獄。1608年愛人と共にメキシコに渡り,そこで客死した。代表作は,17世紀のスペインで最もよく読まれた二部作《グスマン・デ・アルファラーチェGuzmán de Alfarache》(1599,1602)であるが,これはいわゆる〈悪者小説(ピカレスク)〉の典型と目されるもので,ピカロ(悪者)たるグスマンがスペインとイタリアを舞台に,狡知と悪徳の限りをつくして繰りひろげる冒険を自伝風に連ねたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレマン
あれまん
Mateo Alemn
(1547―1614?)

スペインの小説家。医者の子としてセビーリャ生まれる。サラマンカとアルカラの大学で医学を学ぶ。役人として会計官などを勤めたこともあるが、しだいに無軌道な生活を送るようになり、借金や詐欺の罪で一度ならず投獄されている。1608年に家族とともにメキシコに移住したが、1613年以降の消息は不明。
 代表作『グスマン・デ・アルファラーチェの生涯』(1599~1604)は、学業生活を放棄してならず者の生活に身を投じた主人公が、教訓を交えながら過去の罪深い生活を語ったもので、発表と同時に大好評を博し、各国語に翻訳され、17世紀を通して最大のベストセラーとなった。この小説は一般に、ピカレスク(悪漢)小説のジャンルを確立した作品とみなされているが、作者や、当時の読者の多くは、これを教訓的な物語と考えていたふしがある。[桑名一博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレマンの関連キーワードボローメノルカ島三角帽子国民挿話模範小説集野蛮喜劇スペインの歌スペインの財宝船サラマンカ大学ガスカ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アレマンの関連情報