コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレマン Alemán, Mateo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレマン
Alemán, Mateo

[生]1547. セビリア近郊
[没]1614? メキシコ
スペインの作家。悪者小説の典型『グスマン・デ・アルファラチェ』 Guzmán de Alfarache (1599,1604) の作者。この作品が作者の生涯を知る有力な手掛りとなっている。監獄の外科医の子に生れ,セビリアの大学を出たあとサラマンカとアルカラの大学で医学を学んだ。フェリペ2世時代に徴税吏や競売の後見人をつとめたが,自堕落に流れ貧窮のうちに放浪生活が続いたようで,借金が返せずに投獄されたこともある。『グスマン』の第1部は5年間で5万部をこえるほどの大成功を収め,フランス語,英語,イタリア語などにも訳されて悪者小説の流行を促したほどだが,海賊出版が多くて貧乏の歯止めにはならず,まもなく再び投獄された。第2部はリスボンで 1604年に出版されたが,第3部が出版にいたらぬまま,08年,妻子を伴ってメキシコに渡り,この地で没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アレマン

スペインの作家。大学では医学を学んだが,途中で放棄して役人となり,下獄までする波乱の人生を送り,メキシコに渡ってそこで没した。代表作《グスマン・デ・アルファラーチェの生涯》(1599年―1602年)は《ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯》のあとを受けて,ヨーロッパにおけるピカレスク小説のジャンルを確立した作品として重要。
→関連項目悪者小説

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アレマン【Mateo Alemán】

1547‐1615ころ
スペインの小説家。サラマンカとアルカラで医学を学んだのち役人となったが,職権乱用と負債のため2度にわたって入獄。1608年愛人と共にメキシコに渡り,そこで客死した。代表作は,17世紀のスペインで最もよく読まれた二部作《グスマン・デ・アルファラーチェGuzmán de Alfarache》(1599,1602)であるが,これはいわゆる〈悪者小説(ピカレスク)〉の典型と目されるもので,ピカロ(悪者)たるグスマンがスペインとイタリアを舞台に,狡知と悪徳の限りをつくして繰りひろげる冒険を自伝風に連ねたものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレマン
あれまん
Mateo Alemn
(1547―1614?)

スペインの小説家。医者の子としてセビーリャに生まれる。サラマンカとアルカラの大学で医学を学ぶ。役人として会計官などを勤めたこともあるが、しだいに無軌道な生活を送るようになり、借金や詐欺の罪で一度ならず投獄されている。1608年に家族とともにメキシコに移住したが、1613年以降の消息は不明。
 代表作『グスマン・デ・アルファラーチェの生涯』(1599~1604)は、学業生活を放棄してならず者の生活に身を投じた主人公が、教訓を交えながら過去の罪深い生活を語ったもので、発表と同時に大好評を博し、各国語に翻訳され、17世紀を通して最大のベストセラーとなった。この小説は一般に、ピカレスク(悪漢)小説のジャンルを確立した作品とみなされているが、作者や、当時の読者の多くは、これを教訓的な物語と考えていたふしがある。[桑名一博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アレマンの関連キーワードアレクサンデル・セウェルスリヒテンシュタイン(国)アルザス・ロレーヌ問題自由連合[ニカラグア]エンリケ ボラニョスフォアアールベルクアグリ・デクマテスカール・マルテルカール(3世)アールベルク峠ヘルツォークスペイン文学シュワーベンフランケンニカラグアガリエヌス9月29日メキシコ史9月28日マヌエル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アレマンの関連情報