コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンカーボルト(英語表記)anchor bolt

百科事典マイペディアの解説

アンカーボルト

地中にある建築物の土台とその上にのる建築物を結合し一体化するため,あらかじめ土台に埋め込んでおくボルト,あるいは鉄筋をいう。ふつう埋込み部分をU形,L形に曲げるなどして,引抜きに対する抵抗力を増す。建築物にはボルトの位置に穴が空けられ,ここにボルトを通したのちナットで締め込む。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

リフォーム用語集の解説

アンカーボルト

木造建築の土台をコンクリートの基礎に緊結する場合に用いられるボルト。基礎に埋め込まれる部分の先端はL型に曲げられており、引き抜きにくい形状になっている。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

アンカーボルト【anchor bolt】

柱・土台や機械類を取りつけるため、コンクリートの基礎や柱・壁などに埋め込んだボルト。基礎ボルト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

アンカーボルト【anchor bolt】

コンクリートと他の材質の用材をつなぐ金物。木造住宅では一般に、コンクリート基礎と建物の土台を固定するときに用いる。地震や風圧によってずれたり抜けたりすることがないよう、基礎に埋め込む部分がL字形になっている。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンカーボルト
あんかーぼると
anchor bolt

鉄骨構造の骨組を鉄筋コンクリート造の基礎に定着させるため、基礎の中に、あらかじめ、そのねじ部以外の部分を埋め込んだボルト。鉄骨骨組は、建築現場から離れた工場で製作されたのち現場へ搬入される場合が多いが、搬入後ただちに建方(たてかた)(エレクション=骨組を組み上げること)ができるように鉄骨柱脚にベースプレート(底板、基礎板)をつけ、この鋼板の所定の位置にあけられたボルト穴にアンカーボルトを挿入して締め付ける。骨組が外力を受けるとアンカーボルトには引張り力が作用するので、アンカーボルトが基礎から抜け出さないよう、十分なボルト径と定着長さ(埋め込まれたアンカーボルトと周囲のコンクリートとの間の付着力を期待するため、コンクリートの中に埋め込むべきボルト部分の必要長さ)を与える。また、アンカーボルトの位置がずれたり、ボルトが傾斜していると、ベースプレートに円滑に挿入できなくなるので、一組みのアンカーボルトの下部どうしをつなぐアンカープレートなどを用いて、基礎コンクリートの打設中もアンカーボルトが移動したり傾斜することのないようなくふうをすることが多い。[金多 潔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンカーボルトの関連情報