コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンガラ川 アンガラがわreka Angara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンガラ川
アンガラがわ
reka Angara

ロシア中東部,東シベリア南部,イルクーツク州とクラスノヤルスク地方を流れる川。エニセイ川の右岸支流。全長 1779km (イルクーツクブラーツク両人造湖建設前は 1826km) 。流域面積 46万 8000km2 (バイカル湖に流入する河川の流域を含めると 103万 9000km2) 。バイカル湖南西部北岸から流れ出て,中央シベリア台地南西部の山地を貫き,峡谷と谷底平野を交互につくりながら,初め北流,のち西流し,エニセイスクの上流でエニセイ川に注ぐ。 11月下流部から結氷しはじめ,5月中旬下流部まで解氷。おもな支流はベーラヤ,オカ,イーヤ,イリム,タセエバ。玄武岩を切って流れるため急流部が多く,包蔵水力がきわめて大きく,これを利用してイルクーツク,ブラーツク,ウスチイリムスクに世界屈指のダムと水力発電所が建設されており,そのほかにも計画中である。また流域にはアンガラ=イリム鉄鉱床があり,開発が始っている。ブラーツク-イルクーツク間には空路のほか水中翼船航路も開かれ,ブラーツク人造湖は発電所見学を兼ねた観光地としても脚光を浴びてきた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンガラ川
あんがらがわ
Ангара Angara 

ロシア連邦、中央シベリアを流れる川。バイカル湖を水源とする唯一の川で、クラスノヤルスクとイルクーツクの州境となり、エニセイ川に合流する。長さ1779キロメートル、流域面積約104万平方キロメートル。上流部の河岸は非対称で、左岸が100メートルにも及ぶ急崖(きゅうがい)をなし、右岸は緩傾斜である。中央シベリア台地を刻む部分は、かつて早瀬であったが、ブラーツク・ダムができたため湖水に変わった。豊富な水量を利用して、アンガラ・カスケードとよばれる六つのダム建設計画が立案され、このうちイルクーツク、ブラーツク、ウスチ・イリムスクの3ダムが完成した。なかでもブラーツク水力発電所は計画発電能力450万キロワットで、世界最大級の規模を誇り、この電力を利用して、アルミニウム工場が建設されている。流域は鉄鉱、石炭、マグネサイト、岩塩などの地下資源に富み、シベリア開発の最重点基地である。[小宮山武治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アンガラ川の関連キーワードウスチオルドゥインスキーブリヤートウスチオルドゥインスキーウソリエ・シビルスコエウソリエシビルスコエウスチ・イリムスクイルクーツク物語ニジネウジンスクグラスコーボ文化オクラドニコフエニセイ[川]チェレンホーボアンガルスクアンガラA5イサコボ文化シビエラ文化サルギル川セロボ文化キトイ文化マルタ遺跡ビリュサ川

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android