コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アングロ・サクソン人 アングロ・サクソンじんAnglo-Saxon

翻訳|Anglo-Saxon

2件 の用語解説(アングロ・サクソン人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アングロ・サクソン人
アングロ・サクソンじん
Anglo-Saxon

現在のイギリス国民の中心をなす民族。形質的にはコーカソイド北方人種に属する。元来はイングランドサクソン人を大陸のそれと区別するための呼び名であった。民族的にはインド=ヨーロッパ語系諸族ゲルマン人に属し,5~6世紀末にかけて大陸からブリテン島に来住,先住民ケルトブリトン人を征服して,11世紀には後世のイングランド王国の基礎をつくりあげた。これら侵入ゲルマン人は,アングル人ザクセン人 (サクソン人) ,ジュート人で構成されていたが,彼らは渡来以前から大陸においてかなり混交,複合されており,渡来後もその状態が続いて一つの民族が形成された。近代以後の海外発展により,北アメリカ,オーストラリアなど,世界各地に進出している。アングロ・サクソン人がキリスト教化したのは6世紀以降のことである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アングロ・サクソン人【アングロサクソンじん】

英国人の主要構成民族。もとゲルマン人に属するアングル族Angles,サクソン族Saxons,ユート族Jutesからなり,原住地は北ドイツデンマーク地方。民族大移動に際し英国に渡り,先住のブリトン人を征服,9世紀初めまでに七王国を建設した。
→関連項目アメリカ合衆国アングロ・アメリカアングロ・サクソン語イギリスウェールズ英語ジュート人ブリトン人WASP

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アングロ・サクソン人の関連情報