アンサンブル(音楽)(読み)アンサンブル

百科事典マイペディア 「アンサンブル(音楽)」の意味・わかりやすい解説

アンサンブル(音楽)【アンサンブル】

フランス語で〈一緒に〉の意。最初は,グループが独奏的にではなく協力することをさしたが,今日では,室内楽オペラの中の重唱やそのための作品を示すのに使われる。アンサンブル良否をいうのは,最初の意味である。
→関連項目室内楽

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典(旧版)内のアンサンブル(音楽)の言及

【合奏】より

…古典派からはこの関係は逆転し,合奏音楽が中心となっている。(2)フランス語のアンサンブルensembleを使った場合には,おもに重唱をさす。特に18世紀中葉以降,オペラやオラトリオの中で数人の独唱者によって重唱される部分はアンサンブルと呼ばれ,人物の心理描写にあてられることが多い。…

※「アンサンブル(音楽)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android