コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンミアヌス・マルケリヌス Ammianus Marcellinus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンミアヌス・マルケリヌス
Ammianus Marcellinus

[生]330頃.アンチオキア(現トルコ)
[没]400頃
ローマの歴史家。当時のほとんどの戦争に参加して,引退後ローマで,タキツスの『同時代史』の終った 96年のネルウァ帝即位から 378年のウァレンス帝戦死にいたる 31巻の歴史書を執筆。第 14巻以降 (353~378) が現存する。歴史の役割をよくわきまえ,正確と真実をねらいとし,キリスト教徒,異民族,ローマ皇帝などに対する判断にも偏見を交えていない。ローマの歴史記述の伝統を維持し続けた最後の史家と評されている。彼自身の戦争体験が描写に迫真性を与え,エジプトのオベリスクや象形文字,地震,メソポタミアのライオン,当時の砲兵隊などの余談もおもしろい。生まれながらのローマ人ではないので,文体は重々しい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンミアヌス・マルケリヌス
あんみあぬすまるけりぬす
Ammianus Marcellinus
(330ころ―395ころ)

古代ローマの歴史家。アンティオキアの中流家庭に生まれる。軍隊に入り、ガリア、ペルシア、エジプト、ギリシアなどに赴く。378年以後ローマに住み、『歴史』Res gestaeを書いた。彼の母国語はギリシア語であったが、『歴史』は、ローマで書かれ、ローマの読者を対象としていたため、ラテン語で書かれた。96年から378年までの期間を扱う31巻からなり、タキトゥスの『同時代史』Historiaeを継ぐものであった。1巻から13巻までは失われ、現存の記述は353年から始まっている。記述はきわめて詳細で、概して公正である。彼は異教徒ではあったが、キリスト教に対しては寛容に記している。[市川雅俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アンミアヌス・マルケリヌスの関連キーワードユリアヌスタキツス

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android