コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンモニウムミョウバン ammonium alum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンモニウムミョウバン
ammonium alum

広義には (NH4)M(SO4)2・12H2O (M はアルミニウム,クロム,鉄,コバルトなど3価の金属) 型の複硫酸塩をいい,狭義にはM としてアルミニウムを含む (NH4)Al(SO4)2・12H2O をいう。正八面体の結晶。成分硫酸塩を組成式の示す割合に混ぜ,水溶液を静かに蒸発させて得られる。アルミニウム-アンモニウムミョウバンは 95℃で結晶水中に溶解し,さらに加熱すると発泡して結晶水を失い,高温ではアルミナ,二酸化硫黄などを生じる。媒染剤や水の浄化などに利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

アンモニウムミョウバン

 AlH4NO8S2 (mw237.14).膨張剤や保色剤として用いられる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンモニウムミョウバン
あんもにうむみょうばん
ammonium alum

ミョウバンの一つで、普通のミョウバンKA1(SO4)212H2Oのカリウムをアンモニウムにかえたもの。無色の正八面体結晶。アルミニウムイオンのかわりに鉄()イオンの入ったものをアンモニウム鉄ミョウバンといい、その他のクロム、コバルト、マンガンなどの入ったミョウバンをも含めてアンモニウムミョウバンということもある。熱すると融解するが、さらに熱すると120℃で水を失い、200℃では無水和物になり、高温では分解して酸化アルミニウムとなる。水溶液中では加水分解して酸性を示す。アルミニウム製造の際の中間体として得られ、染色用の媒染剤、製紙用、医薬品などとして用いられる。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アンモニウムミョウバンの関連キーワードアンモニウムミョウバン(データノート)ベーキングパウダーミョウバン(明礬)アンモニウム塩

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android