コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーヘンの和約 アーヘンのわやくPeace of Aachen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーヘンの和約
アーヘンのわやく
Peace of Aachen

エクスラシャペル条約とも呼ばれる。 (1) 1668年5月2日,フランスのルイ 14世とオランダ,イギリス,スウェーデンとの間に結ばれたフランドル戦争の終結条約。フランスは占領地を返還し,リール,ツルネーなど 12ヵ所を得た。 (2) 1748年 10月 18日,マリア・テレジアの即位をめぐるオーストリア継承戦争の終結条約。 (a) オーストリアパルマピアチェンツァをスペインに譲る。 (b) サルジニアロンバルディアの一部を得る。 (c) 国事詔書,ハノーバー選帝侯家のイギリス王位継承権,プロシアシュレジエン領有をともに認める,などが決った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アーヘンの和約【アーヘンのわやく】

1748年10月18日,ドイツのアーヘンAachenで結ばれたオーストリア継承戦争の終結条約。オーストリアは列国からマリア・テレジアの帝位相続権承認をとりつけた代償として,プロイセンその他に領土を割譲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

アーヘンのわやく【アーヘンの和約】

1748年、アーヘンで結ばれたオーストリア継承戦争の講和条約。オーストリアはマリア=テレジアの王位継承を認められたが、シュレジエンをプロイセンに与えたほか領土の一部を失った。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アーヘンの和約
あーへんのわやく

ドイツの都市アーヘン(フランス名、エクス・ラ・シャペル)で結ばれた次の和約をさす。
(1)1668年の、ルイ14世の侵略戦争の一つフランドル戦争終結の和約。ルイ14世はスペイン・ハプスブルク家の旧ブルグント公領ネーデルラントの相続を要求して侵入したが、イギリス、オランダの反撃にあい和を結んだ。占領したフランシュ・コンテを返還し、リールなどわずかなフランドル諸都市を得たが、相続問題は解決しなかった。イギリスはスペインから西インド諸島、北アメリカの領土要求権を得た。
(2)1748年の、オーストリア継承戦争の結末としての和約。マリア・テレジアの相続をめぐり、バイエルン選帝侯の相続権主張とプロイセン王フリードリヒ2世のシュレージエン領有の要求を直接の契機として開戦した(1740)が、戦争は17世紀以来対立する英仏両国の介入によって国際的規模で展開した。1745年プロイセンがシュレージエンを確保し、皇帝フランツ1世の選立を認めてドレスデンに和を結んだのちも、フランス・スペインのブルボン連合とイギリス・オーストリア同盟との戦いは続いた。しかしオーストリアと結んだロシアのネーデルラント戦線への出兵が決定的となり、この和約となった。関係各国は占領地をそれぞれ返還し、オーストリアはシュレージエンのほかわずかにイタリアのパルマ、ピアチェンツァを失ったにすぎなかったが、イギリスの世界的優位、プロイセン・ドイツの興隆、ロシアの台頭を決定的にする結果を招いた。[進藤牧郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアーヘンの和約の言及

【オーストリア継承戦争】より

…こうしてドイツでの戦闘は終わったが,その後もイタリアではスペイン,フランスがオーストリアとの戦いを続け,またオーストリア領ネーデルラントではフランス軍が連勝してオランダに脅威を与えた。しかしフランスは,ヨーロッパ内外の戦争で国力を消耗しイギリスと和平したので,新たにロシアがオーストリアと結びライン川方面に出兵するという情勢のもとで,48年10月18日,アーヘンの和約が成立した。 オーストリア継承戦争は,当初からプロイセン,オーストリア間のシュレジエン戦争とからみ合い,その帰趨もこれによって大幅に規定されたが,さらに広く見れば,フランスとの植民地争奪戦のなかでイギリスが展開したヨーロッパ政策も,そこに深く作用している。…

※「アーヘンの和約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アーヘンの和約の関連キーワードエクス・ラ・シャペルの和約エクスラシャペル条約王宮の花火の音楽ジョージ王戦争シュレージエンスチュアートカウニッツ講和条約テレジア

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android