コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イエネズミ イエネズミ house rat

3件 の用語解説(イエネズミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イエネズミ
イエネズミ
house rat

齧歯目ネズミ科の Rattus属の数種の総称。通常クマネズミドブネズミの2種をさすが,人家にすむハツカネズミを加えていうこともある。世界各地に広く分布し,船舶などで移動することが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イエネズミ

住家性のネズミ。クマネズミドブネズミハツカネズミの3種をさすが,クマネズミのみをいうこともある。いずれも野生種をもち,一部が人間生活に寄生するようになったもので,ほとんど全世界に分布。
→関連項目ネズミ(鼠)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イエネズミ
いえねずみ / 家鼠
house rathouse mousecommensal rat

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目ネズミ科に属する動物のうち、家住性のネズミの総称。ノネズミに対する語で、ドブネズミ、クマネズミおよびハツカネズミの3種を含むが、狭義にはクマネズミをさす。世界各地に広く分布し、人間の生活環境に寄生して生活する。家屋、家畜舎、市場、倉庫、下水溝などをおもなすみかにし、季節により屋外と家屋との間を移動するものもいる。ドブネズミRattus norvegicusは頭胴長23センチメートルで、尾は体より短い。背面が褐色で、腹は灰白色。性質が荒く、肉食もし、水を好む。中央アジア原産で18世紀初めにヨーロッパに侵入した。クマネズミR. rattusは頭胴長16~20センチメートルで、尾は体より長い。全身黒色のものから、背面が褐色で下面は黄褐色など種々のものがいる。原産地は東南アジアの森林。木登りが巧みで天井裏などにすむ。ハツカネズミMus musculusは頭胴長7~10センチメートルと小形。原産地はアジア、ヨーロッパなど数か所。背面が黄褐色で、焦げたような体臭がある。[土屋公幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イエネズミの関連キーワードドブネズミ家鼠熊鼠田鼠溝鼠野鼠三匹のねずみねずみまちのねずみといなかのねずみネズミ(鼠)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone