イエネズミ(英語表記)house rat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イエネズミ
house rat

齧歯目ネズミ科の Rattus属の数種の総称。通常クマネズミドブネズミの2種をさすが,人家にすむハツカネズミを加えていうこともある。世界各地に広く分布し,船舶などで移動することが多い。人家内,倉庫,豚舎鶏舎などの家畜舎や,人家付近の耕作地にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イエネズミ

住家性のネズミ。クマネズミドブネズミハツカネズミの3種をさすが,クマネズミのみをいうこともある。いずれも野生種をもち,一部が人間生活に寄生するようになったもので,ほとんど全世界に分布。人家内やその付近の畑にすむ。穀物を食べ,伝染病を媒介するなど害が大きい。
→関連項目ネズミ(鼠)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イエネズミ
いえねずみ / 家鼠
house rathouse mousecommensal rat

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目ネズミ科に属する動物のうち、家住性のネズミの総称。ノネズミに対する語で、ドブネズミ、クマネズミおよびハツカネズミの3種を含むが、狭義にはクマネズミをさす。世界各地に広く分布し、人間の生活環境に寄生して生活する。家屋、家畜舎、市場、倉庫、下水溝などをおもなすみかにし、季節により屋外と家屋との間を移動するものもいる。ドブネズミRattus norvegicusは頭胴長23センチメートルで、尾は体より短い。背面が褐色で、腹は灰白色。性質が荒く、肉食もし、水を好む。中央アジア原産で18世紀初めにヨーロッパに侵入した。クマネズミR. rattusは頭胴長16~20センチメートルで、尾は体より長い。全身黒色のものから、背面が褐色で下面は黄褐色など種々のものがいる。原産地は東南アジアの森林。木登りが巧みで天井裏などにすむ。ハツカネズミMus musculusは頭胴長7~10センチメートルと小形。原産地はアジア、ヨーロッパなど数か所。背面が黄褐色で、焦げたような体臭がある。[土屋公幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android