コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イケチョウガイ Hyriopsis schlegeli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イケチョウガイ
Hyriopsis schlegeli

軟体動物門二枚貝綱イシガイ科。長 23.5cm殻高 13cm,殻幅 5.8cmの大型種。殻はやや厚く,ふくらみは弱く,菱形で後方へ広くなる。前端は丸く,後端は斜めにまっすぐ長く,背縁もまっすぐで,幼貝ではその上に翼状の大きい突起がある。殻皮は黄緑色であるが,成長すると黒くなる。内面は真珠光沢が強く,噛み合せに大きい擬主歯と長い後側歯がある。5~7月に親貝の外鰓の育児嚢に幼貝グロキジウムが成育し,水中に泳ぎ出て淡水魚に 10日間ほど付着寄生し,その後底生生活に入る。琵琶湖固有種。淡水真珠養殖の母貝となるほか,殻は貝細工の材料となる。琵琶湖地方では近縁種カラスガイメンガイといい,本種をオンガイといっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イケチョウガイ

イシガイ科の大型二枚貝。大津付近でこの貝をオンガイ,カラスガイをメンガイという。殻は厚く,長さ20cm,高さ12cm,幅5cmに達する。殻表は白色,その上は波状のしわをもつ黒色の殻皮でおおわれる。
→関連項目真珠貝養殖真珠

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イケチョウガイ
いけちょうがい / 池蝶貝
Schlegel's freshwater pearl mussel
[学]Hyriopsis schlegelii

軟体動物門二枚貝綱イシガイ科の二枚貝。琵琶湖(びわこ)特産の淡水種で、淡水真珠養殖のため霞ヶ浦(かすみがうら)にも移植されて増殖されている。水深2メートルぐらいの湖底にすみ、泥中に潜る。殻長23.5センチメートル、殻高13センチメートルになり、方形で膨らみは弱く殻は厚い。殻皮は幼いうちは黄緑色であるが、成長すると黒漆色になる。また幼時は背縁上に翼状の突起があるが、成長すると失われる。殻頂近くに斜行するうねが数本ある。殻内面は白い真珠光沢があり、主歯は大きく後側歯も長く明らか。5~7月ごろ親貝の育児嚢(のう)内にグロキディウム幼生を生じ、これが水中に出て、タナゴ、モロコ、ヒガイなどのえらに付着して成長し、10日後には離れて着底する。淡水真珠養殖の母貝として用いられるほか、殻は貝細工の材料とされる。琵琶湖地方ではオンガイという。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イケチョウガイの関連キーワードカラスガイ(烏貝)霞ヶ浦(湖)淡水貝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android