イケマ(英語表記)Cynanchum caudatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イケマ
Cynanchum caudatum

ガガイモ科多年草。日本,南千島,中国に分布する。野原林縁に生育し,は細長くつる状に伸びて葉を対生する。茎を切ると白い乳液が出る。葉は卵心形で長さ5~15cm,幅4~10cm,やや薄く毛はほとんどない。花は7~8月に開き,葉腋から出た長い柄 (長さ6~12cm) の先に集散花序をつくる。花冠は白色で深く5裂し,各裂片はややそり返る。秋に長さ8~11cmの紡錘形袋果をつくり,その中に冠毛をもつやや扁平な種子を多数含む。植物体はアルカロイドを含み有毒であるが,根を牛皮消根として利尿薬などに用いる。和名アイヌ語のイケマ (巨大なる根) に由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イケマ

ガガイモ科のつる性の多年草。北海道〜九州,中国大陸に分布。山地にはえる。葉は長い柄があって対生し,心臓形で先はとがる。7〜8月に葉腋から細長い柄をのばして,散形に白い花を咲かせる。花冠は径約8mm,深く5裂する。根は芋状で有毒。漢方では薬用とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イケマ【Cynanchum caudatum (Miq.) Maxim.】

山地の草原,林縁などの日当りのよい場所に生えるガガイモ科の多年生つる草(イラスト)。茎を切ると白い乳液がでる。葉は対生で,長い葉柄があり,葉身は心形で先は鋭くとがり,長さ5~15cm,幅4~10cm。7~8月に葉腋(ようえき)から葉柄よりも長く花柄を伸ばし,先端に多数の小花をつけて散形花序をつくる。花冠は白色,深く5裂し,長さ4~5mm,内面に毛があり,中央に蕊柱(ずいちゆう)がある。果実は袋果で披針形,長さ8~10cmあり,熟すと裂けて多数の扁平で絹毛をつけた種子を飛ばす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イケマ
いけま
[学]Cynanchum caudatum (Miq.) Maxim.

ガガイモ科の多年生つる草。根茎は太く横にはう。茎や葉を傷つけると白い液が出る。葉は対生し卵状、基部は心臓形で、先は尾状に鋭くとがり、裏面は淡緑色である。7~8月、葉の腋(わき)から葉柄よりずっと長い花柄を伸ばし、その先に散形花序をつくって、多数の白色花をつける。花冠は5裂し、裂片は反り返り、内面に毛がある。果実は紡錘形で、種子には長い毛があって風で飛散する。山地帯の野原や林縁に生え、北海道、本州、四国、九州に生育し、中国にも分布する。近縁種のコイケマは花冠裂片が反り返らない。名はアイヌ語で大きな根の意味で、これに生馬の字をあて、馬の薬というが、誤りである。近縁のカモメヅルは、花粉塊は柄で下垂し、副花冠は蕊柱(ずいちゅう)と同長かまたは短い。世界の温帯から熱帯に約150種、日本に20種分布する。[高橋秀男]

薬用

イケマおよびコイケマの根を牛皮消根(ごひしょうこん)と称して、利尿剤としてときに薬用に供したが、中国では白首烏(びゃくしゅう)と称し、滋養強壮剤として用いる。白髪が黒変するのでその名がついた。またC. auriculatumの塊根を隔山消(かくさんしょう)と称し、牛皮消根と同様に用いる。[長沢元夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android