イサベル(1世)(読み)いさべる(英語表記)Isabel Ⅰ la Católica

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イサベル(1世)
いさべる
Isabel la Catlica
(1451―1504)

カスティーリャ女王(在位1474~1504)。カスティーリャ国王フアン2世の王女として生まれ、18歳でアラゴン王子フェルナンドとひそかに政略結婚(1469)。彼女の異母兄王エンリケ4世の死去(1474)後、ただちにカスティーリャの王位継承を宣言した。しかし王位をめぐる争いは内乱状態になり、1479~80年にようやく決着、正式にカスティーリャ女王となった。1479年アラゴンのフアン2世が死去、フェルナンド(2世)がアラゴンの王位についたため、両国の統合が実現し、スペイン王国が誕生した。しかし統合は王冠の合併にすぎず、両王国は独自の法律と制度を維持した。イサベルの治世最大の事業はイベリアの統一であり、そのための父祖伝来のレコンキスタ(国土回復戦争)の終結を目ざし、イベリアに残った最後のイスラム王国グラナダを1492年攻略した。また、宗教上の統一を図るため、1478年に異端審問所を開設し、隠れユダヤ教徒の追及に乗り出した。1492年にはユダヤ人追放令を出し、改宗か国外退去を命じた。同年、コロンブスの航海を援助し新大陸到達に成功した。国内的には1484年のカスティーリャ条例の発布にみられるように、法整備を図るとともに、王室諮問院やカスティーリャ諮問院の再組織化など官僚組織を整備し、諸税の徴収の効率化によって王室収入の増加を実現した。これらの政策の最終的意図は王権の強化であり、以降の絶対王制確立への強力な第一歩であった。この意味で、イサベルの治世は中世から近世への重要な橋渡しとなった。[飯塚一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android