コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソギンチャク(磯巾着) イソギンチャク sea anemone

翻訳|sea anemone

1件 の用語解説(イソギンチャク(磯巾着)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イソギンチャク【イソギンチャク(磯巾着) sea anemone】

花虫綱イソギンチャクActiniariaに属する腔腸動物(刺胞動物)の総称。和名は,きんちゃくに体が似ていることによる。すべて海産で,淡水産のものはない。世界で約800種,日本では67種が知られている。なお,広義にはスナギンチャク目,ハナギンチャク目などの腔腸動物(刺胞動物)も含めることもある。
[形態]
 体は円筒状で上端は口盤になり,下端は足盤でこれで岩など他の物に着生する。体色には,赤色,紫色,緑色や斑紋が入ったものなどがあり,タテジマイソギンチャクイラスト)やコモチイソギンチャク(イラスト)などは,色彩が個体によって変化している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のイソギンチャク(磯巾着)の言及

【口】より

…腔腸動物では消化管には肛門がなく,その主部である胃腔が出口を兼ねた口に続いている。イソギンチャク類などでは,胃腔の中へ口がおち込んだ形になって,管状の口道が形成され,口道の外側を口,奥側を口道内口という。腔腸動物の体は放射型で前後軸はなく,浮遊性のクラゲ型のものでは口側を下面に,着生性のポリプ型のものでは口側を上面にしている。…

※「イソギンチャク(磯巾着)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イソギンチャク(磯巾着)の関連キーワード石牡丹磯花腔腸捩貝六放珊瑚磯巾着砂巾着ぬんちゃく花巾着イソギンチャク

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone