コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソツツジ(磯躑躅) イソツツジLedum palustre ssp.diversipilosum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソツツジ(磯躑躅)
イソツツジ
Ledum palustre ssp.diversipilosum

ツツジ科の常緑小低木。本州北部と北海道の山地や湿原周辺に生え,しばしば群生する。高さ 20~40cmになる。よく分枝してこんもりと茂り,枝の上部に多数の葉を密に互生する。葉柄は短く,葉身は長さ3~4cmの長楕円形で全縁,質は厚く葉縁は裏側へややそり返る。表面は緑色,裏面は白色または褐色の毛が密生する。夏,枝の頂部に多数の白花をまりのように集めてつける。個々の花には長さ1~3cmの花梗があり,花冠は径 1cm弱で5裂し,10本のおしべが目立つ。花後に生じる 蒴果は果実のつけ根近くで彎曲して下向きになる特徴がある。北海道の高山帯には本種に似て全体が小型なヒメツツジ L.palustre var.decumbensがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android