コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イチヤクソウ(一薬草) イチヤクソウ Pyrola japonica

3件 の用語解説(イチヤクソウ(一薬草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イチヤクソウ(一薬草)
イチヤクソウ
Pyrola japonica

イチヤクソウ科の常緑多年草。日本各地の山地の木陰に生え,細長い地下茎がある。葉は数枚根生し,質が厚く,円形でつやがあり,上面は濃い緑色であるが,下面は柄とともに紅紫色を帯びることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イチヤクソウ(一薬草)【イチヤクソウ】

イチヤクソウ科の常緑多年草。北海道〜九州,東アジアに分布。山野の林の下にはえる。葉は根ぎわに集まり,柄が長く,卵状楕円形で裏面は紫色を帯びる。6〜7月,高さ20cm内外の直立した花茎に,数個の花が総状下向きにつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イチヤクソウ【イチヤクソウ(一薬草) Pyrola japonica Klenze】

低山の林中に生えるイチヤクソウ科の常緑多年草(イラスト)。初夏,直立する花茎の先に,梅に似た下向きに咲く白い花を数個つける。地中をはう細い地下茎の先に数枚の葉が群生する。葉は太い柄があり,卵状楕円形または広楕円形,長さ3~6cm,幅2~4cm,やや肉質で先は鈍く,縁に細かな鋸歯がある。花茎は15~25cm,3~10個の花がつく。花は広鐘形で離生する5枚の花弁からなり,径1.3cm,10本のおしべがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イチヤクソウ(一薬草)の関連キーワードギンリョウソウ(銀竜草)ウメガサソウ(梅笠草)一薬草梅笠草御前橘錫杖草蠅毒草小一薬草本宮羊歯ベニバナイチヤクソウ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone