コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトマキエイ イトマキエイ Mobula japonica

4件 の用語解説(イトマキエイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イトマキエイ
イトマキエイ
Mobula japonica

トビエイ目トビエイ科の海水魚。体盤幅約 3m。体形はコウモリ(→翼手類)に似て,頭部前方に一対の耳状の鰭(頭鰭)がある。体色は黒褐色。尾部は体盤長の約 3倍の長さがあり,その基部にとげをもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イトマキエイ

イトマキエイ科の魚。地方名ギンメ,ユルエなど。体板長2.5m,体重500kgに達する。南日本の沿岸と沖合にすみ,ハワイまで分布する。頭部先端の左右に耳状の頭鰭がある。
→関連項目エイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イトマキエイ【Mobula japanica】

エイ目イトマキエイ科の海産魚(イラスト)。頭部前端の左右にコウモリの耳のような形のひれ(頭鰭(とうき))があり,これが糸巻を連想させることに由来した名称。胸びれを広げたときの形から英名はdevil fishまたはdevil rayという。南日本の沿岸や沖合に生息し,南はハワイまで分布する。頭鰭をもつこと以外に,尾部がむち状でたいへんに長く,体板の3倍以上あるのが特徴。尾部には毒針があるが小さい。体板長2.5mに達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イトマキエイ
いとまきえい / 糸巻
devil ray
[学]Mobula japonica

軟骨魚綱エイ目イトマキエイ科に属する海水魚。日本近海では南日本や東シナ海にみられるが、さらにハワイや太平洋熱帯海域などに広く分布する。胸びれの一部が体の前端に耳状に突出していること、口が体の腹面に位置すること、尾部の中央部に毒針をもつことなどが特徴である。体幅2メートルぐらいになる。日本近海のイトマキエイ類には本種のほかにヒメイトマキエイM. diabolusがあるが、この種は小形で、尾部に毒針をもたない。生殖方法は両種とも卵胎生(らんたいせい)で少数の子を産む。英名は「悪魔の魚」とされているが、性質はきわめておとなしく、人をあまり恐れないところがある。餌(えさ)は小魚やプランクトンで、海の表層部をゆっくり泳ぎ、体前端にある耳状の胸びれを巧みに動かして食べる。定置網などでときどき漁獲されるが、肉は不味であるという。学名に「日本」の名がつけられているように、本種は日本でとれた標本に基づいて1841年に発表されている。近縁種にエイ類中で最大の体幅5~6メートルに達するマンタManta birostrisがある。マンタは上あごに歯がないこと、口が頭の前端にあることなどでイトマキエイ類と区別できる。[仲谷一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イトマキエイの関連キーワードシビレエイ糸巻鱝雁木鱝鳶鱝赤鱏エイ鬼糸巻鱝イトヨリソコイトヨリイトマキエイ科

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イトマキエイの関連情報