コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イドラ idola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イドラ
idola

偶像。 (1) 神を象徴するものとして信仰,礼拝の対象としてつくられた像。聖書では偶像礼拝は禁じられており,異教の神々はすべて偶像であるとして預言者たちにより激しく攻撃された。 (2) F.ベーコン用語。経験の正確な観察のために排除すべき先入見として4つの偶像,種族のイドラ,洞窟のイドラ,市場のイドラ,劇場のイドラ,をあげている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

イドラ【idola】

〘哲〙 〔偶像の意〕 F =ベーコンの用語。実在の正しい把握を妨げ、無知と偏見の原因となる要因。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のイドラの言及

【偶像】より

…この意味では神像や仏像と同じであるが,とくに〈偶像〉という場合には,真のものではない別の姿ないし中間に介在するものという意味合いを含んでいる。哲学用語としては姿とか像を意味するラテン語のイドラidola(単数形idolum,英語のアイドルidolの語源)の訳語であるが,ルネサンス期にG.ブルーノが本当のものを見えなくさせる先入見の意味でこの語を用い,ついでF.ベーコンが〈人間の知性をとりこにしている偶像〉を分析して,人類なるがゆえに人間本性にひそむものを〈種族の偶像idola tribus〉,個人のもつ先入見を〈洞窟の偶像idola specus〉,社会生活から起こる偏見を〈市場の偶像idola fori〉,学説から生じるものを〈劇場の偶像idola theatri〉と名付け,ありのままの認識が困難であることを示した。とくに生得的な偶像は取り除くことができないとベーコンは言っている。…

【ノウム・オルガヌム】より

…原文はラテン語で,アフォリズムの形で〈自然を解明し,知性をいっそう確かに働かせる技術そのもの〉を記している。その第1巻は〈破壊の部門〉で人間の理性や論証や既成の学説の批判にあてられ,有名なイドラの論もここに出てくる。イドラは人間の知性を占領しゆがめるものとして批判されるが,そのことを自覚することの重要性を主張したのであって除去せよといったのではない。…

※「イドラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イドラの関連キーワード地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドラインベーコン(Francis Bacon、哲学者)ハイドライド3 闇からの訪問者個人情報保護ガイドライン北海道厚岸郡浜中町恵茶人ヴァーチャルハイドライドハイドライド・スペシャルミサイル関連技術輸出規制ディスパッチドライバーアカウンタビリティ社阿佐海岸鉄道阿佐東線スーパーハイドライドノウム・オルガヌムスーパーオキサイドポラロイドカメラ診療ガイドラインクンズリオティスヒッポリュトスシトロエンXM特別栽培農産物

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イドラの関連情報