コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イドラ イドラ idola

3件 の用語解説(イドラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イドラ
イドラ
idola

偶像。 (1) 神を象徴するものとして信仰,礼拝の対象としてつくられた像。聖書では偶像礼拝は禁じられており,異教の神々はすべて偶像であるとして預言者たちにより激しく攻撃された。 (2) F.ベーコンの用語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イドラ(〈ラテン〉idola)

《幻像の意》フランシス=ベーコンの用語。正しい認識を妨げる偏見や先入観

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

イドラ【idola】

〘哲〙 〔偶像の意〕 F =ベーコンの用語。実在の正しい把握を妨げ、無知と偏見の原因となる要因。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイドラの言及

【偶像】より

…この意味では神像や仏像と同じであるが,とくに〈偶像〉という場合には,真のものではない別の姿ないし中間に介在するものという意味合いを含んでいる。哲学用語としては姿とか像を意味するラテン語のイドラidola(単数形idolum,英語のアイドルidolの語源)の訳語であるが,ルネサンス期にG.ブルーノが本当のものを見えなくさせる先入見の意味でこの語を用い,ついでF.ベーコンが〈人間の知性をとりこにしている偶像〉を分析して,人類なるがゆえに人間本性にひそむものを〈種族の偶像idola tribus〉,個人のもつ先入見を〈洞窟の偶像idola specus〉,社会生活から起こる偏見を〈市場の偶像idola fori〉,学説から生じるものを〈劇場の偶像idola theatri〉と名付け,ありのままの認識が困難であることを示した。とくに生得的な偶像は取り除くことができないとベーコンは言っている。…

【ノウム・オルガヌム】より

…原文はラテン語で,アフォリズムの形で〈自然を解明し,知性をいっそう確かに働かせる技術そのもの〉を記している。その第1巻は〈破壊の部門〉で人間の理性や論証や既成の学説の批判にあてられ,有名なイドラの論もここに出てくる。イドラは人間の知性を占領しゆがめるものとして批判されるが,そのことを自覚することの重要性を主張したのであって除去せよといったのではない。…

※「イドラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イドラの関連キーワード幻像フランシスコカナディアンベーコンベーコンエッグサンフランシスコマラソン部屋の中の三人の人物グリーンベーコンショルダーベーコンベーコン岩フランシス・ベーコン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イドラの関連情報