コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イバゲ イバゲIbagué

3件 の用語解説(イバゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イバゲ
イバゲ
Ibagué

コロンビア中西部,トリマ州の州都。首都ボゴタの西約 130km,アンデスの中部山脈東斜面にあり,標高約 1300m。 1550年建設。 1854年短期間ではあるが同国の首都となった。 1890年代以降市の上方のアンデス斜面でコーヒー栽培が盛んになってから急速に発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

イバゲ

コロンビア中部の都市。標高1300mの高原にあり,カウカ川マグダレナ川両河谷を結ぶ交通の要地。1550年に創設され,鉱産物の精錬所として発展。両河谷のコーヒー,砂糖の生産が拡大するとともに織物,食品加工などの産業も起こった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イバゲ【Ibagué】

コロンビア中部,トリマ県の県都。人口34万6632(1995)。キンディオ山のふもと標高1280mの地に1550年に創設された。植民地時代から,セントラル山脈を横断しカウカ,マグダレナ両河谷を結ぶ交通の要所であり,鉱物資源の精錬所として発展した。19世紀前半横断トンネルが開通し,両河谷のコーヒーや砂糖の生産が拡大された結果,織物,食品加工,皮革,畜産などの産業が興った。6月の最後の週に全国フォークロア祭が開催される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone