コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イフラント Iffland, August Wilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イフラント
Iffland, August Wilhelm

[生]1759.4.19. ハノーバー
[没]1814.9.22. ベルリン
ドイツの俳優,劇作家,劇場支配人。 1777年 H.K.D.エクホフに見出されてゴータ劇場に出演,エクホフの没後 (1779) ,一座とともにマンハイム国民劇場に移る。俳優としての当り役は,シラーの『群盗』のフランツや喜劇の老主人公。また劇作家として,多数の感傷的通俗家庭劇を書く。 98年ベルリンの国民劇場の総監督。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イフラント

ドイツの俳優,劇作家。エクホーフの弟子。シェークスピア,シラーを得意とし,特に《群盗》のフランツ・モールが当り役。通俗的市民劇も多数書いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イフラント【August Wilhelm Iffland】

1759‐1814
ドイツの俳優,座主,劇作家。マンハイムの宮廷劇場で指導的な役を演じる俳優として,シラーの処女作《群盗》のフランツ・モール役を演じた(1781)。1784年から劇作を開始。96年ベルリン国立劇場支配人,1811年には総支配人となり,巡回劇団を組織してドイツ全土で喝采を博した。みずから稽古を指導,舞台装置制作を監視するなどしてベルリン劇場をドイツ劇界の先導者とすることに貢献した。生涯に60編以上の作品を書き,当時コツェブーとならんでもっとも上演回数の多い劇作家であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イフラント
いふらんと
August Wilhelm Iffland
(1759―1814)

ドイツの俳優、劇作家。ハノーバーに生まれる。旅回り一座ののち、1777年エクホーフにみいだされゴータ宮廷劇場に出演、79年には新設のマンハイム国民劇場に移り、シラーの『群盗』初演(1782)におけるフランツ・モール役で成功を収めた。96年ベルリン国民劇場監督、1811年王立劇場総監督に就任。喜劇をよくし、ことに市民劇の寛大な父親役を得意とした。60編を超える戯曲があり、シラーをしのぐ人気作家でもあった。演技術の論稿もある。[大島 勉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イフラントの関連キーワードズーダーマン4月19日大島

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android