コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブンハズム Ibn Ḥazm

デジタル大辞泉の解説

イブン‐ハズム(Ibn Ḥazm)

[994~1064]スペインのイスラム法学者・神学者・文学者コルドバの生まれ。イスラム法解釈において類推を認めないザーヒリー派の立場から、諸学派を批判。著作に「諸宗派についての書」や、恋愛論の先駆「鳩の頸飾り」などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

イブンハズム【Ibn Hazm】

994頃~1064) イスラムの神学者・文学者。キリスト教・ユダヤ教とイスラムを比較した「教義・異端・諸宗派に関する断定の書」や恋愛詩「鳩の首飾り」をはじめ広範な著述活動を行なった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

イブンハズムの関連キーワードキリスト教ユダヤ教首飾り教義

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android