コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブンハズム Ibn Ḥazm

デジタル大辞泉の解説

イブン‐ハズム(Ibn Ḥazm)

[994~1064]スペインのイスラム法学者・神学者・文学者コルドバの生まれ。イスラム法解釈において類推を認めないザーヒリー派の立場から、諸学派を批判。著作に「諸宗派についての書」や、恋愛論の先駆「鳩の頸飾り」などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

イブンハズム【Ibn Hazm】

994頃~1064) イスラムの神学者・文学者。キリスト教・ユダヤ教とイスラムを比較した「教義・異端・諸宗派に関する断定の書」や恋愛詩「鳩の首飾り」をはじめ広範な著述活動を行なった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

イブンハズムの関連キーワードキリスト教ユダヤ教首飾り教義

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android