コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イベント(地磁気) いべんと

世界大百科事典内のイベント(地磁気)の言及

【地磁気】より

…逆方向)に大別され,新しい方からブリュンヌ,松山,ガウス,ギルバートと地磁気研究の大家の名がつけられている。これらの期の間には,10万~20万年以下の反転していた時期が含まれており,イベントという。現在の地磁気方向のブリュンヌ期は約70万年前からで,いくつかのイベントも発見されており,琵琶湖の堆積物から最初に発見されたので〈ビワ〉という名のイベントもある。…

【地磁気編年】より

…この約70万年前のノーマルとリバースの変り目を,松山‐ブリュンヌ境界とよび,よく編年の鍵として利用される。期のなかには10万~20万年以下の反転していた時期が含まれ,イベントとよばれる。リバースの松山期にはノーマルのハラミロとオルドバイというイベントが含まれ,これも年代決定の鍵となる。…

※「イベント(地磁気)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android