イベント

ASCII.jpデジタル用語辞典「イベント」の解説

イベント

プログラミング言語において、ユーザーのキーマウス入力、OSなどからの要求に応じて、処理を実行するプログラム動作概念のこと。たとえば、「印刷」ボタンのクリックによる印刷の実行、OSやアプリケーションが発生するに応じてエラーメッセージを表示するなど、プログラムはさまざまなイベントで構成されている。イベントドリブンイベント駆動とも呼び、この概念を用いたプログラムを、イベント駆動型プログラミングという。イベント単位でプログラミングが行えるため、処理の分割や開発が容易になる。WindowsやMac OSなどのGUI環境で動作するアプリケーションはこの概念を用いて開発が行われている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「イベント」の解説

イベント(event)

《「エベント」とも》
出来事。催し物。行事。
競技種目。試合。「メーンイベント
キーボードやマウスからの入力や、実行中のプログラムからの処理要求のこと。これをきっかけにしてプログラムを動作させることをイベントドリブンという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「イベント」の解説

イベント

〘名〙 (event)⸨イヴェント・エベント⸩
① 出来事。行事。展覧会、コンサート、見本市などの各種の催し物、また、大きな事件などを広く含めていう。「イベントの企画立案」
※鉛筆ぐらし(1951)〈扇谷正造〉ゲンマン記者「武漢周辺に殺伐な空気の漂っているのが感じられる現状では、万一のエヴェントに備える必要があるとも考えられた」
② 運動・競技の種目。一試合。(勝負の)一回、一番。「本日のメイン‐イベント」
※鉛筆ぐらし(1951)〈扇谷正造〉見だしのモザイク「そのころの早慶戦といえば、スポーツ界最大のイヴェントである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

流通用語辞典「イベント」の解説

イベント【event】

「催し物」を総称する言葉。万博などのような国家的な催しから、店頭での促的な行為まで、幅広く使われている。店舗に関連するものに限れば「催し物」全般のことで、企業イメージを高め、お客の来店頻度を増し、売上増加を目的とする。客と店とのコミュニケーションづくりに有効な手段とされ、店舗に活気を与えるための演出の一手法として重要視されている。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android