コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イミド imido

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イミド
いみど
imide

酸イミドともいう。アンモニアNH3の水素2原子をアシル基RCO-で置換した化合物の総称。とくに二塩基酸から誘導される環状イミドをさすことが多い。スクシンイミド、フタルイミドが代表的な例である。二塩基酸の無水物をアンモニアと加熱するか、二塩基酸のアンモニウム塩を熱分解することにより得られる。弱い酸性を示し金属との塩をつくる。[山本 学]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイミドの言及

【酸アミド】より

… RCONH2   第一アミド (RCO)2NH  第二アミド (RCO)3N   第三アミド第一アミドのアミノ基の水素原子を1個または2個の炭化水素基で置換したものが多数見いだされており,これらはN‐置換アミドと呼ばれる。また,イミノ基NHをもつ第二アミドのうち,ジカルボン酸から生成する環状化合物をとくに酸イミド(イミド)と呼び他の第二アミドと区別することが多い。β‐,γ‐,δ‐アミノ酸が分子内で縮合環化したものはラクタムと呼ばれる。…

【酸イミド】より

…アンモニアNH3の水素原子2個をアシル基RCO-で置換した化合物の総称で,単にイミドimideともいう。イミノ基NHをもつアミド(酸アミド)であることから,この名がつけられた。…

※「イミド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イミドの関連キーワードスーパーエンジニアリングプラスチックエンジニアリング・プラスチックイデユアイミドリ(出湯藍緑)エンジニアリングプラスチックフタルイミド(データノート)無水コハク酸(無水琥珀酸)マイクロ・メカトロニクス光色素生合成阻害型除草剤コーリー=キム酸化多層プリント基板細胞壁合成阻害剤ファールベルクユレモ(顫藻)炭化ケイ素繊維ガブリエル合成スクシンイミドコハク酸イミドペプチド合成チオウラシルシアナミド

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android