コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イルネリウス イルネリウスIrnerius

3件 の用語解説(イルネリウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イルネリウス
イルネリウス
Irnerius

[生]1050頃.ボローニャ
[没]1130頃
北イタリアのボローニャの法学者。その高い学問的権威のゆえに,「法の灯台」とたたえられ,註釈学派第一人者であった。ヨーロッパ法学の創造者であり,近代的法解釈学の創始者でもあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イルネリウス【Irnerius】

1055ころ‐1130ころ
イタリアの法学者。注釈学派(ボローニャ学派)の創始者とされる。ドイツ人であったとする説もあるが,おそらくはボローニャの生れ。イルネリウスの生涯と活動について確実に知られるところはわずかである。最初は自由学芸の教師であったらしく,修辞学の枠内で法律の教育を行っていたが,その後ローマ法大全そのものに全体的に通暁しようと努め,それを主たる教育対象とするにいたったとみられる。こうした革新に対し,ボローニャの指導層が明確な対応を示さなかった中で,トスカナ辺境伯マティルデは,遅くとも1113年以降には,イルネリウスを自己に付き従う法律家のひとりに加えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イルネリウス
いるねりうす
Irnerius
(1050/1055―1130ころ)

イタリアの法学者。注釈学派の祖であり、ヨーロッパ法律学の祖ともいわれる。ボローニャの法学校でローマ法を講じた。彼の手法は、『ユスティニアヌス法典』の行間や欄外に注釈glossaを付すものだったので、彼の一派は注釈学派(グロッサトーレン)とよばれている。彼の学問的名声は広くヨーロッパに広まって、各地から学生が集まり、「法の灯」lucerna iurisと慕われた。[佐藤篤士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イルネリウスの関連キーワードニホニウム113番元素の発見フロン代替フロン補欠選挙SXGA+ドイツ語ウンウントリウムワイドXGAなど

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone