イル・ハーン国(読み)イルハーンこく

百科事典マイペディアの解説

イル・ハーン国【イルハーンこく】

イランにおけるモンゴル王朝。四ハーン国の一つ。チンギス・ハーン(汗)の孫フラグが1258年アッバース朝を倒して建国。首都は初めタブリーズ,後にスルターニーヤ。2代アーバーカー・ハーン,4代アルグーンはキリスト教に好意を寄せ,その東伝に大きな役割を果たす。以後,歴代君主はイスラム教に帰依。ガーザーン・ハーン時代(1295年―1304年)に最盛期を迎え,イスラム教を国教とする。14世紀以後は衰え,分裂と抗争が激化。1411年ティムールに征服された。
→関連項目ラシード・アッディーン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android