コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イル・ハーン国 イルハーンこく

1件 の用語解説(イル・ハーン国の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イル・ハーン国【イルハーンこく】

イランにおけるモンゴル王朝。四ハーン国の一つ。チンギス・ハーン(汗)の孫フラグが1258年アッバース朝を倒して建国。首都は初めタブリーズ,後にスルターニーヤ。2代アーバーカー・ハーン,4代アルグーンはキリスト教に好意を寄せ,その東伝に大きな役割を果たす。
→関連項目ラシード・アッディーン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

イル・ハーン国の関連キーワードモンゴル語モンゴル帝国モンゴル文字蒙古イルハン国オゴタイハン国キプチャクハン国クリムハン国チャガタイハン国オゴタイ・ハーン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone