コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イロイロ イロイロ Iloilo

5件 の用語解説(イロイロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イロイロ
イロイロ
Iloilo

フィリピン,ビサヤ諸島西部,パナイ島南東部の港湾都市イロイロ州の州都。イロイロ海峡に注ぐハロ川の河口にある。沖合いのギマラス島に守られた良港をもち,古くから西ビサヤ地域の商業中心地であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イロイロ(Iloilo)

フィリピン中央部、ビサヤ諸島最西端のパナイ島の都市。同島南東岸、ハロ川の河口に位置し、港湾をもつ。対岸にギマラス島ネグロス島が浮かび、古くから開け、1930年代まで交易の拠点として発展。サンペドロ要塞モロ教会をはじめ、歴史的建造物が多く残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イロイロ

フィリピン中部,パナイ島南岸の港湾都市。イロイロ州の州都。フィリピンで最も古くから開け,人口密度大でビサヤ族の居住地。マニラに次ぐ商業都市で,西ビサヤ地方の政治,文化の中心地。
→関連項目パナイ[島]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イロイロ【Iloilo】

フィリピンのパナイ島南部,ハロ河口に位置する港市。人口33万5000(1995)。対岸のギマラス島に守られた天然の良港とその背後に開ける肥沃なイロイロ平野に恵まれて,古くからパナイ島,対岸のネグロス島など西ビサヤ地方の政治・経済・文化の中心地であった。1855年の外国貿易に対する開港以来,ネグロス島での糖業勃興,パナイ島での米の商品生産展開により1930年代まで大いに栄えた。第2次大戦後はやや停滞気味であるが,著名な政治家,詩人,作家が輩出,市内には中央官庁出先機関から有名大学,放送局,博物館などが立ち並び,行政・文化の中心地の地位を保っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イロイロ
いろいろ
Iloilo

フィリピン中央部にあるパナイ島の港市。人口36万5820(2000)。イロイロ州の州都。スペイン植民地時代から西ビサヤ地方の中心として栄えた。航空、海運の要衝の一つで、ギマラス島に守られた港は、パナイ島のみならずネグロス島の砂糖の積出し港として知られる。後背平野は国内有数の米作地で、製糖工場も多い。伝統的織物業も残されている。住民はヒリガイノン(イロンゴ)語を話す。[高橋 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イロイロの関連キーワードフィリピン海溝ミンダナオ島比国フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲halohaloドール・フィリピン産パパイヤの日フィリピン毛頭虫感染ナヨンピリピーノ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イロイロの関連情報