コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イロイロ Iloilo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イロイロ
Iloilo

フィリピン,ビサヤ諸島西部,パナイ島南東部の港湾都市。イロイロ州の州都。イロイロ海峡に注ぐハロ川の河口にある。沖合いのギマラス島に守られた良港をもち,古くから西ビサヤ地域の商業中心地であった。 1855年に貿易港となり,ネグロス島に人工港が建設されるまでは,砂糖の輸出港として繁栄した。州の農漁業地帯や,鉄道で結ばれるカピス州後背地として,米をはじめ農産物,海産物の船積みでにぎわう。また,毎年ネグロス島のサトウキビ農園へ渡る多数の出稼ぎ労働者が集る。市街地は 99年の大火後再建されたが,スペインの影響をとどめている。ヒリガイノン語の文化の中心地でもあって,セントラル・フィリピン大学 (1905) ,サン・アウグスティン大学 (04) などがある。絹のフシ織,パイナップル繊維のピニャ織を産する。人口 31万 1000 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イロイロ

フィリピン中部,パナイ島南岸の港湾都市。イロイロ州の州都。フィリピンで最も古くから開け,人口密度大でビサヤ族の居住地。マニラに次ぐ商業都市で,西ビサヤ地方の政治,文化の中心地。
→関連項目パナイ[島]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イロイロ【Iloilo】

フィリピンのパナイ島南部,ハロ河口に位置する港市。人口33万5000(1995)。対岸のギマラス島に守られた天然の良港とその背後に開ける肥沃なイロイロ平野に恵まれて,古くからパナイ島,対岸のネグロス島など西ビサヤ地方の政治・経済・文化の中心地であった。1855年の外国貿易に対する開港以来,ネグロス島での糖業勃興,パナイ島での米の商品生産展開により1930年代まで大いに栄えた。第2次大戦後はやや停滞気味であるが,著名な政治家,詩人,作家が輩出,市内には中央官庁出先機関から有名大学,放送局,博物館などが立ち並び,行政・文化の中心地の地位を保っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イロイロ
いろいろ
Iloilo

フィリピン中央部にあるパナイ島の港市。人口36万5820(2000)。イロイロ州の州都。スペイン植民地時代から西ビサヤ地方の中心として栄えた。航空、海運の要衝の一つで、ギマラス島に守られた港は、パナイ島のみならずネグロス島の砂糖の積出し港として知られる。後背平野は国内有数の米作地で、製糖工場も多い。伝統的織物業も残されている。住民はヒリガイノン(イロンゴ)語を話す。[高橋 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イロイロの関連キーワードアレクサンデル クワシニエフスキサントトマスデビリャヌエバ教会ラツ・エペリ ナイラティカウフランク バイニマラマ12月29日パナイ[島]東京 ぼん太ハロ大聖堂バコロドロハス高橋

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イロイロの関連情報