インジゴイド染料(読み)インジゴイドせんりょう(英語表記)indigoid dye

世界大百科事典 第2版の解説

インジゴイドせんりょう【インジゴイド染料 indigoid dye】

インジゴと性質や構造が類似した一群の建染染料を指す。インジゴ型,チオインジゴ型,および混合型がある。またこれらの染料を-ONaまたは-OSO3Naの形の可溶性の還元型にしたものも含まれる。インジゴ・チオインジゴ誘導染料として使用される置換基の種類には,-Cl,-Br,-CH3,-OCH3,-OC2H5などがあげられる。チオインジゴ型は橙~赤~紫,インジゴ型は青色に特徴をもつ。還元可溶化の方法は,染料をピリジン中でクロロスルホン酸および亜鉛末で還元し,ω‐スルホン酸の形とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インジゴイド染料
いんじごいどせんりょう
indigoid dyes

インジゴおよびその誘導体の染料の総称。赤紫~青色のバット染料である。天然のチリアンパープル(古代紫、6,6'-ジブロモインジゴ)は古代より珍重されてきた染料で、この化学構造が決定されたのは1909年である。
 のようなH形発色団をもつ。X、X'がNHのものがインジゴ類、Sのものがチオインジゴ類、XがNH、X'がSのものが混合形である。赤色のチオインジゴ類は従来、青色系に限られていたインジゴイド染料に赤色系を加えたものとして重要である。[飛田満彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

インジゴイド‐せんりょう ‥センレウ【インジゴイド染料】

〘名〙 (indigoid dye の訳語) インジゴおよびこれと類似の構造をもつ建染め染料の総称。青、紫、オレンジ、黒があり、主にもめん、麻、絹、レーヨン、ナイロンの浸染に用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android