インセストタブー(英語表記)incest taboo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インセストタブー
incest taboo

近親の特定の範囲内にある男女間の性交渉の禁止あるいは抑制 (したがって結婚も不可) をいう。インセスト近親相姦近親婚などと邦訳されている。インセストとされる範囲は社会によって異なるが,親子,兄弟姉妹間,あるいは親族名称のうえで親子,兄弟姉妹と同一のものと定められる男女間での性交渉をいう場合が普通である。単系出自を原理とする社会では,インセストタブーの対象となる範囲が外婚単位であるリニージないしは氏族にまで及ぶ (たとえば,タレンシ族,ヌエル族,トロブリアンド諸島民,アシャンティ族など) 。インセストタブーが犯された場合,単に違反者に危険が及ぶだけではなく,神の怒りを買い,社会全体が混沌状態に陥ると信じる社会も多く,違反者に対して追放,処刑などの形で制裁が加えられる例がしばしば見出される。なお,C.レビ=ストロースはインセストタブーを,娘や姉妹をよその男に与えて,よその男からその娘や姉妹を要求する権利を確立するものであると解釈し,「女の交換」によって家族間の相互依存が基礎づけられると述べ,さらにもし人間の社会組織に始りがあったとするならば,それはインセストタブーによってのみ可能であると強調した。しかしその後,E.リーチや R.ニーダムによってインセストタブーの普遍性は否定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android