コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インセンティブ いんせんてぃぶ

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

インセンティブ

意欲向上や目標達成のための刺激策。個人が行動を起こすときの内的欲求(動因:ドライブ)に対して、その欲求を刺激し、引きだす誘因(インセンティブ)を指している。企業では、自社の従業員を動機づけるためだけでなく、販売店の販売意欲や消費者の購買意欲を駆り立てる目的でも用いられる。具体的には、報奨金、表彰、景品などの形をとる。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

デジタル大辞泉の解説

インセンティブ(incentive)

やる気を起こさせるような刺激。動機付け。
値引き。奨励金。「インセンティブセール」
成果を上げた社員や販売店に通常の給料や手数料以外に特別に支給する報奨金。物や旅行のこともある。販売奨励金

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

人材マネジメント用語集の解説

インセンティブ

・incentive
・従業員を動機づけするような刺激となるようなものを言う。
・インセンティブとして主なものは、昇給、昇進・昇格、一時金(賞与・ボーナス、報奨金等)、職場環境、労働条件の改善 等。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について | 情報

ビジネス用語集の解説

インセンティブ

インセンティブとは、英語で奨励や刺激、報奨を意味し、
雇用者に刺激を与え、やる気を起こさせることをいいます。

事業者が就労者のモチベーションを上げさせ、その成果報酬として、
通常の給与の他に報酬を与えるケースが一般的です。

自分が頑張った結果を報奨金として結果に表すことができるため、
お仕事をする側はそこに目標や希望を見出すことができますし、
事業者はその結果により、会社の利益を得ることが出来ることから、
このような手法をとる事業者も多いようです。

アルバイトや営業職などで数多く使われる手法ですが、その他にも、
製造者が販売者に対し、成果報酬として支払うケースも数多くあります。

まさに、事業者(または製造者)と就業者(または販売者)にとって、
お互いにメリットのある、いわばギブアンドテイクの手法と考えてよいでしょう。

出典|転職.jpビジネス用語集について | 情報

人事労務用語辞典の解説

インセンティブ

Incentive。刺激、誘因などの意味ですが、人事用語としては企業が目標達成のため販売店、消費者、社員などに与える報奨金、報酬を指します。社員への報酬としては特別賞与などのほか、最近では長期的な刺激策として自社株購入権の付与が注目されています。
(2005/1/17掲載)

出典|『日本の人事部』人事労務用語辞典について | 情報

流通用語辞典の解説

インセンティブ【incentive】

刺激・奨励・誘因などがその本来の意味であるが、販売店援助という側面でこの用語が使われる場合には、小売店の販売意欲を刺激・奨励して販売活動を活性化させる施策をいう。具体的には、セールスコンテストの実施やディーラーセミナーPOP技術指導、チラシ広告への協賛金など。最近では顧客データを分析し、顧客の購買金額に応じてポイントを提供したり、景品、割引券、商品券など提供することもインセンティブと表現するようになっている。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について | 情報

産学連携キーワード辞典の解説

インセンティブ

「インセンティブ」とは奨励金、報奨金の意。企業では、特別な貢献をした社員に給与以外に支払われる「インセンティブ」を用意するなどして、社員の働く意欲を刺激し、事業活動を活発化させることを目的としている。

出典|(株)アヴィス産学連携キーワード辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

インセンティブ【incentive】

目標を達成するための刺激。誘因。
企業が販売目標を達成した代理店や、営業ノルマを達成した社員などに支給する報奨金。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インセンティブの関連情報