インセンティブ(読み)いんせんてぃぶ

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

インセンティブ

意欲向上や目標達成のための刺激策。個人が行動を起こすときの内的欲求動因ドライブ)に対して、その欲求を刺激し、引きだす誘因(インセンティブ)を指している。企業では、自社従業員動機づけるためだけでなく、販売店の販売意欲や消費者の購買意欲を駆り立てる目的でも用いられる。具体的には、報奨金、表彰景品などの形をとる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

人事労務用語辞典の解説

インセンティブ

業績に連動した報酬味を持つ「インセンティブ」。しかし昨今では、単なる金銭的な報酬に限定せず、自己実現やモチベーションアップにつなげる施策として、個人の価値観に着目したインセンティブ制度を導入する企業も増えています。

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

流通用語辞典の解説

インセンティブ【incentive】

刺激・奨励・誘因などがその本来の意味であるが、販売店援助という側面でこの用語が使われる場合には、小売店の販売意欲を刺激・奨励して販売活動を活性化させる施策をいう。具体的には、セールスコンテストの実施やディーラーセミナー、POP技術指導、チラシ広告への協賛金など。最近では顧客データを分析し、顧客の購買金額に応じてポイントを提供したり、景品、割引券、商品券など提供することもインセンティブと表現するようになっている。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

産学連携キーワード辞典の解説

インセンティブ

「インセンティブ」とは奨励金、報奨金の意。企業では、特別な貢献をした社員に給与以外に支払われる「インセンティブ」を用意するなどして、社員の働く意欲を刺激し、事業活動を活発化させることを目的としている。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

インセンティブ

〘名〙 (incentive) (ある目標に向かって誘導するための)刺激。誘引、動機となる事物。また、奨励金。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報