インディアペーパー(英語表記)India paper

翻訳|India paper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インディアペーパー
India paper

薄く不透明で耐久性のある印刷用の薄葉紙。辞典,薬品の効能書聖書六法全書などに使う。薄いが裏に印刷が抜けないのが特色。麻パルプ,木綿パルプなどを原料とし,多量の填料 (鉱物質,有機・合成物などの粉末) を添加してつくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

インディアペーパー

麻や木綿の繊維,化学パルプなどに,インキの裏ぬけを防ぐための多量の填料(てんりょう)を加えてすいた薄く堅牢な紙。20〜30g/m2で,不透明度が高く,地合いが均一で印刷適性がよい。聖書や辞書,六法全書などページ数のかさむものに用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インディアペーパー【India paper】

ページ数のかさむ聖書や辞典,六法全書などに用いられる印刷用薄葉紙。20~30g/m2の軽くて丈夫な紙である。この名称は元来,東洋(とくに中国)でつくられた上質の紙に対してイギリスで使われていたものであるが,19世紀にオックスフォード大学出版局でこれを模した薄葉紙がつくられるようになりOxford Indian paperと呼ばれた。原料には化学パルプのほか,マニラアサ,アマ,木綿も用いる。厚さは普通の紙の半分くらい(0.04~0.05mm)であり,インキの裏ぬけを防ぐために不透明度の高い塡料を15%以上含む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

インディアペーパー【India paper】

辞書・聖書などの印刷に用いる、しなやかで丈夫な薄い西洋紙。主として麻類を原料とする。イギリスで最初につくられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

インディアペーパー

洋紙の一種.印刷用薄葉紙.聖書,祈祷書,辞書,六法全書など,大量のテキストを携帯に便利な規模の冊子に収録するために,文字を小さく稠密に印刷することが必要な図書に用いられる.秤量,厚さとも通常の印刷紙の2分の1程度の20~30g/m2および0.04~0.05mmと薄くて軽く,かつ強く不透明である.また,地合が均一で,インキの吸収のよいことが要求される.元来は,中国から英国に輸入され版画試し刷りに使用された薄手の上質紙を指したが,オックスフォード大学出版局がそれを模して麻などを原料として製造するに至り,それを使用して印刷された聖書が1875年に刊行された.現在は木材晒化学パルプを主原料に,填料を配合して抄造する.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

世界大百科事典内のインディアペーパーの言及

【紙】より

…菓子や食品の包装,容器の内張りなどに用いる。ライスペーパー,インディアペーパーは化学パルプのほかに綿や麻も使用し,多量の塡料を加えて不透明度を高くした薄紙で,ライスペーパーは巻タバコの巻紙として用い,20g/m2前後の軽い紙である。タバコの葉と燃焼速度が同じになるように作られている。…

※「インディアペーパー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android