インバネス(衣服)(読み)インバネス

百科事典マイペディアの解説

インバネス(衣服)【インバネス】

19世紀の男子用コート。丈(たけ)の長い身ごろに,袖(そで)の代りにケープの付いたもの。もとスコットランドのインバネス地方で用いられたものといわれる。日本には明治初年に輸入され,和服用に改良されて,二重回しとんびなどと呼ばれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インバネス(衣服)
いんばねす
inverness

インバネス・ケープinverness capeまたはインバネス・コートinverness coatのこと。身頃(みごろ)にケープのついた袖(そで)なし外套(がいとう)。ケープは肘(ひじ)を覆ってゆったりしたもの。襟は首にぴったりしていて防寒の役割を果たしている。19世紀のなかばごろ、男子が着ていたパルトー・ケープpaletot capeにこの名がつけられた。もともとスコットランド北部のインバネス地方で着られていたことにちなんだといわれる。日本では明治初年に輸入され、和服の上に着用しやすい形に考案されて、「とんび」「二重まわし」とよばれて流行した。男子の和服用防寒外套として羅紗(らしゃ)、厚地ウールなどで仕立てられ、かなり広く一般に用いられたが、男子の和服姿の減少とともにみられなくなった。[菅生ふさ代]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android