インマルサット(読み)いんまるさっと(英語表記)Inmarsat plc

日本大百科全書(ニッポニカ)「インマルサット」の解説

インマルサット
いんまるさっと
Inmarsat plc

通信衛星による移動体通信サービスを提供する民間の通信事業者。また、このサービスに用いられる衛星通信システム、および衛星通信回線を提供する静止衛星のことをもさす。前身の国際海事衛星機構International Maritime Satellite Organization(INMARSAT(インマルサット))は、政府間条約により、海上を中心とした総合的な移動衛星通信サービスを全地球的に管理、提供する国際機関として、1979年7月16日に設立された。本部はロンドンに置かれ、サービスは1982年に開始した。当初は海上での船舶通信サービスを目的としたが、やがて船舶のみでなく、陸上、航空機、地上移動体をも結ぶようになったことから、1994年の第10回総会において、機構は名称を国際移動通信衛星機構International Mobile Satellite Organization(IMSO)に変更。その後、民間企業による衛星通信事業への参入や競争激化等の環境の変化に対応し、1998年に事業部門を民営化することが決定され、民間会社としてのインマルサットInmarsat plcが誕生した。1999年4月に通信衛星「インマルサット」の運用とそれによる通信回線の提供業務を機構から引き継ぎ、業務を開始した。2011年3月末時点で、11基の静止衛星を保有し運用している。

 提供サービスには、船舶向けの音声・インターネットサービス「FleetBroadband(フリートブロードバンド)」、航空機向けの音声・インターネットサービス「SwiftBroadband(スウィフトブロードバンド)」、陸上の通信回線のない場所でも小型端末で通話・インターネットができる「BGAN(ビーギャン)」などがある。サービスは各国の通信事業者を通じて提供され、日本ではKDDI、JSAT MOBILE Communications、日本デジコムの3社がサービスや機器を提供している。

[高橋陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「インマルサット」の解説

インマルサット
INMARSAT; International Maritime Satellite Organization

国際海事衛星機構。船舶通信に人工衛星を利用するために開催された 1976年の政府間会議で採択されたインマルサットの設立条約と指定事業者間の運用協定に立脚している。条約の発効は 79年7月。日本は 77年に条約を受託し,政府の指定により国際電信電話 KDDが運用協定の署名当事者になった。インマルサットの組織構造はインテルサットに類似しており,締約国総会 (2年ごとに開催) ,理事会 (主要出資者たる署名当事者で構成) ,事務局 (ロンドン) から成る。インマルサットのサービスは,89年以降,条約の改正により航空機や陸上移動体にも提供されている。インマルサット可搬型設備は容易に運搬できるので,報道機関や学術調査などのデータ伝送に利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「インマルサット」の解説

インマルサット【INMARSAT】

国際海事衛星機構International Maritime Satellite Organizationの略称。1979年に発効した〈国際海事衛星機構に関する条約〉によって設立された国際機関である。海上における遭難・安全通信,海事公衆通信業務,無線測位などの海事通信を行うための衛星を打ち上げ,提供することを目的とし,総会,理事会および事務局により構成されている。政府間の前記条約のほかに,加盟国の政府またはその指定する電気通信事業体(日本からはKDD)が署名した〈運用協定〉が作成され,インマルサットの運用に関する細目を定めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android