コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インムニテート Immunität; immunity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インムニテート
Immunität; immunity

不入権と訳される。ヨーロッパ封建制度のもとで領主が獲得した政治的特権の根幹をなすもの。国王の役人が所領内に立入って公権力を行使するのを禁止することにより,領主権の独立性を基礎づけ,いわゆる荘園が形成されるにいたった。初めはフランク王国時代から教会所領に対して授与されたものであるが,のちには世俗貴族の所領にも拡大された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

インムニテート

ヨーロッパ中世の法制史用語(ドイツ語)。ラテン語ではインムニタスimmunitas。元来はローマ法で公的負担免除の特権をさした。7世紀以降,国王からこの特典を得た教会領では,公課の徴収だけでなく公吏の立入および強制権(特に裁判権)の行使を免除され,一種の治外法権地域となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インムニテート【Immunität[ドイツ]】

ヨーロッパ中世の法制史用語。ラテン語ではインムニタスimmunitas,英語ではイミューニティimmunityという。インムニタスは,古代末期のローマ帝国では,諸種の公的負担からの免除を意味する法技術的用語であったが,フランク王国では主として教会大所領の特別な国制上の地位を表すようになる。7世紀前半いらい,国王は諸修道院などにインムニテート特権状を与え,その所領を公的裁判権力の管轄外において公吏の立入り,強制権の行使,公課の徴収を禁ずる(不輸不入)とともに,そうした諸権限を教会が自ら,またはフォークト(教会守護)を通じて行使することを認めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インムニテート
いんむにてーと
Immunittドイツ語
immunitasラテン語

中世ヨーロッパにおいて、教会領(修道院領を含む)や俗人の所領が有していた特権。日本の荘園(しょうえん)がもっていた不輸不入権にあたる。インムニテート特権は、消極、積極の両面を含む。消極面では、(1)所領内の土地と住民とが負担すべき国家に対する貢租や労役からの免除、すなわち不輸、(2)国家の役人(グラーフ)が所領内に立ち入り、その権限(主として裁判権と警察権)を行使することの禁止、すなわち不入を意味する。積極面では、領主ないしその代理人が、国家の役人にかわってその権限を行使する権利を意味する。
 インムニテートとは、このように国家の側からの国家権力の行使の放棄であるから、原則として国家の側からの放棄の確認、すなわちインムニテート特権の賦与を必要とする。だが奇妙なことに、インムニテート賦与の文書は、教会領に関しては多数残存しているにもかかわらず、世俗領に関してはほとんど残っていない。この現象を説明するためには、自生的インムニテートという考え方を導入する必要があり、現在では、世俗領主は貴族としての実力に基づき、国家の側からの賦与によらずに自生的にインムニテートの権利を行使しえたとする見解が支配的になっている。
 それとあわせて考慮すべきは、国王のインムニテート政策という観点である。インムニテートをもつことにより、その所領は国家の地方行政組織から離脱して、自立的な支配領域を形成するわけであるから、従来の考え方では、それは国家の封建化にほかならない、とされたのであるが、カロリング時代後期よりグラーフ層の封建領主化が著しくなるのに対し、国王は教会領をグラーフの管轄から切り離し、インムニテートを与えることで、これを自己の直接保護下に置き、封建化の歯止めにしようとした、という新しい考え方が有力になってきている。このような政策は、ルードウィヒ敬虔(けいけん)帝の治下から始まり、オットー諸帝のもとでいっそう大規模に展開されて、ザクセン朝、ザリエル朝時代の帝国教会政策の基礎をつくりあげたと考えられる。[平城照介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のインムニテートの言及

【帝国教会政策】より

…これに対抗するため,オットー1世(在位936‐973)は部族超越的組織である教会勢力と結んで,国内統一を確保する政策を採り,以後歴代国王によって継承された。国王の側近に高位聖職者を用いて政策決定にあたらせるとともに,政策の忠実な実行者を各地の大司教,司教,帝国修道院長に配置し,教会領にインムニテートを与えて世俗権力から保護するとともに,高級裁判権,貨幣鋳造権,市場開設権,関税徴収権等の特権を賦与し,王領地の管理や,ときには地方行政のかなめであるグラーフシャフトの管理をさえ,これにゆだねた。 この政策を遂行するためには,国王が聖職者の叙任権を握っていることが前提であり,司祭の任命権は教会設立者の手に留保されるという,ゲルマン的私有教会の観念がこれを支えていたのである。…

※「インムニテート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

インムニテートの関連キーワードザンクト・ガレン修道院帝国教会政策トゥユールグラーフ不入権王室

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android