コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーリー イーリー Ely, Richard Theodore

4件 の用語解説(イーリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーリー
イーリー
Ely, Richard Theodore

[生]1854.4.13. ニューヨークリプリー
[没]1943.10.4. コネティカットオールドライム
アメリカの経済学者,社会改良家。コロンビア大学卒業後ドイツハイデルベルクに学び,社会主義に関心をもった。帰国後ジョンズ・ホプキンズ大学などで歴史学派の立場に立つ経済学を教え,同時にキリスト教社会主義に基づく社会改良運動に従事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

イーリー
イーリー
Ely

イギリスイングランド中東部,ケンブリッジシャー県東部,イーストケンブリッジシャー地区(人口 7万3216〈2001〉)の町。県都ケンブリッジの北北東約 25km,ウーズ川の西岸にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イーリー(Ely)

英国イングランド東部、ケンブリッジシャー州の都市。グレートウーズ川沿いに位置する。17世紀末までフェンと呼ばれる低湿地の中洲だったが、干拓と乾燥化により農業地帯になった。7世紀のサクソン朝時代に創建された修道院・尼僧院に起源するイーリー大聖堂があるほか、ピューリタン革命の指導者オリバー=クロムウェルゆかりの地としても知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イーリー【Ely】

イギリス,イングランドのケンブリッジシャーにある市場町。人口は約1万(1971)。17世紀に干拓されるまではウーズ河畔の沼沢地帯にあった島で,その地名はサクソン語の〈ウナギの島〉に由来する。7世紀ころより避難所として人が住みつき,9世紀にはデーン人の襲撃により破壊されたが,11世紀に始まる大聖堂の建立にともない主教座聖堂都市として発達し,現在も多くの観光客を集めている。【今井 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イーリーの関連キーワードケンブリッジケンブリッジ大学センケンブリッジブルーオックスブリッジ剣橋タインブリッジ無線LANブリッジランドブリッジマインドブリッジ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イーリーの関連情報