コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルキンズ ウィルキンズ Wilkins, Sir Charles

9件 の用語解説(ウィルキンズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルキンズ
ウィルキンズ
Wilkins, Sir Charles

[生]1749/1750
[没]1836.5.13. ロンドン
イギリスの東洋学者。 1770年,東インド会社の書記としてベンガルに渡り,W.ジョーンズを助けてベンガル・アジア協会の創設に尽力。帰国 (1786) 後もインド研究に専念し,初代インド図書館長となった (1800) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウィルキンズ
ウィルキンズ
Wilkins, Sir George Hubert

[生]1888.10.31. 南オーストラリア,マウントブライアンイースト
[没]1958.12.1. マサチューセッツ,フラミングハム
イギリスの探検家。極地調査に飛行機と潜水艦の利用を推進した。アデレード鉱山学校に学び,また飛行技術を修得。 1912年のバルカン戦争に写真家として参加。 13~16年にはカナダ北極探検隊の写真家として活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウィルキンズ
ウィルキンズ
Wilkins, Maurice Hugh Frederick

[生]1916.12.15. ニュージーランド,ポンガロア
[没]2004.10.5. イギリス,ロンドン
イギリスの生物物理学者。ケンブリッジ大学卒業 (1940) 。第2次世界大戦中はアメリカ原子爆弾研究開発に従事。 1946年ロンドン大学キングズ・カレッジに戻り,デオキシリボ核酸 DNAの構造決定やリボ核酸 RNAの結晶化を研究。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウィルキンズ(Maurice Hugh Frederick Wilkins)

[1916~2004]英国の生物物理学者。ニュージーランド生まれ。DNA結晶のX線写真撮影に成功し、その構造を決定。1962年、ワトソンクリックとともにノーベル生理学医学賞を受賞。第二次大戦中は原爆製造計画にも参加。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウィルキンズ

オーストラリアの極地探検家,飛行家。1913年ステファンソンの北極探検に参加以来,探検隊長や飛行家として南北両極で多くの探検を行った。
→関連項目エルズワース

ウィルキンズ

英国の分子生物学者。ニュージーランド生れ。ロンドン大学のキングズ・カレッジ教授。X線回折でDNAの構造を明らかにし,ワトソンクリックの二重らせんモデルの基礎を与える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウィルキンズ【George Hubert Wilkins】

1888‐1958
オーストラリア生れの極地探検家。特に飛行機を利用した両極地方の探検に貢献した。1910‐12年に飛行を修得し,27年3月にC.B.アイエルソンと共に北極中心部の海氷上に着陸,28年4月にはバロー岬からスバールバル(スピッツベルゲン)までの北極横断飛行に成功しナイトの称号を得た。28年11月16日に南極半島で南極初飛行を行い,33‐36年にはL.エルスワースの南極横断飛行の地上での指揮をとった。第2次大戦以降はアメリカ軍の顧問や地理研究家として過ごした。

ウィルキンズ【John Wilkins】

1614‐72
イギリスの思想家。F.ベーコンの示した実践的哲学に即して応用科学から教育にわたる知の革新運動を推進し,1668年以後はチェスターの司教に任ぜられた。チャールズ1世と議会との抗争に際して議会側で奮闘し,1648年の大学改革と同時にオックスフォードのウォダム・カレッジ学長となったが,チャールズ2世の即位後野に下り,ロンドンでローヤル・ソサエティ設立に尽力した。《新惑星に関する論述》(1640),《数学的魔術》(1648)など一般向けの科学教養書を執筆,また建築家C.レンと共同で要塞攻撃器械,潜水船,海水淡水化装置,飛行器械などの開発計画を作成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィルキンズ
うぃるきんず
Maurice Hugh Frederick Wilkins
(1916―2004)

イギリスの生物物理学者。ニュージーランド生まれ。ケンブリッジ大学卒業後、1940年バーミンガム大学で物理学の学位を取得、第二次世界大戦中はアメリカでの原子爆弾製造計画(マンハッタン計画)に参加した。戦後、生物物理学の研究に着手、1946年ロンドン大学キングズ・カレッジに移って、ウイルスや核酸の研究を始めた。1951年ウィルキンズリーダーシップのもとに構造解析に取り組んでいたロザリンド・E・フランクリンが、DNA(デオキシリボ核酸)の鮮明な結晶パターンを示すX線写真の世界最初の撮影に成功するとともに、水分の量(湿度)によって散乱のパターンが変化することも確認した。二重螺旋(らせん)構造を示唆するこの結晶DNAのX線写真は、ワトソンとクリックが1953年に提唱した正しい二重螺旋構造に到達する基礎を与えた。1962年、DNAの立体模型のX線回折による実証という業績により、ワトソン、クリックとともにノーベル医学生理学賞を受賞した。1981年以降ロンドン大学名誉教授。[石館三枝子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウィルキンズの言及

【エルズワース】より

…31年エッケナーHugo Eckener(1868‐1954)とツェッペリン飛行船LZ127による北極探検に参加,極地滞空106時間,科学観測を行う。同年8月G.H.ウィルキンズの北極潜航に参加,ノーチラス号で極海下を観察,以後ウィルキンズと組んで南極横断飛行に挑む。35年11~12月,ウェッデル海北西方のダンディー島を出発,ロス海に面する鯨湾へ飛び,その西方にエルズワース・ハイランド,操縦士名にちなむケニヨン台地などの地名を命名した。…

【北極】より

…ノビレらの救助に各国から援助隊が出動し,ノビレと不和であったアムンゼンもフランス機ラタム号で救助に向かったが遭難した。 1931年イギリスのG.H.ウィルキンズの潜水艦ノーチラス号探検は,スバールバルから極点をめざしたが故障し北緯82゜から引き返した。しかし海洋や海氷の観測に成果をあげた。…

【永久機関】より

…この装置については目撃者がニュートンに報告しているが,布を掛けて内部が見えないようにしてあり,軸に外力が働いていないかどうかは不明であった。 その他の方式のものとして,流体を循環させる永久運動機械の代表はJ.ウィルキンズの《数学的魔術》(1648)に述べられているもので,〈アルキメデスのらせん〉によって水を揚げ,その水力を利用してらせんを回そうとするものであった。パパンも静水力利用の永久運動について論文を書いている。…

【人工言語】より

…これに呼応してコメニウスは,中世以来の言語教育が〈単に言葉を暗記させるだけで事物や概念の本質を学ばせていない〉点を改善する抜本策を人工言語に求め,この運動に参加した。一方イギリスでは,F.ベーコンが記号と意味の緊密な結合を示す漢字に着目し,次いでJ.ウィルキンズは〈漢字のように文字自体がその概念を表現しうる記号体系=真の文字real character〉を考案,詳細を極めた人工言語案《真の文字と哲学的言語についてのエッセー》(1668)を公にした。当時発足したローヤル・ソサエティも,この提案を支援した。…

※「ウィルキンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウィルキンズの関連キーワード知は力なり自由思想家イギリス巻カナディアンベーコンベーコンエッググリーンベーコンベーコン岩ベートーヴェン:イギリスの歌「ルール・ブリタニア」による5つの変奏曲/piano soloベーコン, F.(哲学者)イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone