コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルトシャー ウィルトシャー Wiltshire

翻訳|Wiltshire

2件 の用語解説(ウィルトシャーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルトシャー
ウィルトシャー
Wiltshire

イギリスイングランド南部の単一自治体(ユニタリー unitary authority)。行政府所在地トローブリッジ。1997年にスウィンドンが分離し,2009年に県から単一自治体に移行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィルトシャー
うぃるとしゃー
Wiltshire

イギリス、イングランド南部のカウンティ(県)。面積3246平方キロメートル、人口43万2973(2001)。1997年スウィンドン地区がユニタリー・オーソリティー(一層制地方自治体)として分離した。ロンドンブリストルの中間、ブリストル寄りの丘陵地を占め、テムズ川の水源をなす県の一つ。酪農が盛んである。工業はあまり発達していない。県都ソールズベリーとスウィンドンが主要都市。ソールズベリーは、中世以来の大聖堂とともに有名な古い都市である。[久保田武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィルトシャーの関連キーワードイギリス東インド会社イングランドイギリス国教会イギリスオランダ戦争テムズヘースティングズ城グレトナ・グリーントウィード[川]Hastingsイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィルトシャーの関連情報