コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウイルス性出血熱 ウイルスせいしゅっけつねつviral haemorrhagic fever

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウイルス性出血熱
ウイルスせいしゅっけつねつ
viral haemorrhagic fever

アレナウイルス,フィロウイルス,ブニヤウイルス,フラビウイルスの四つの科に属する種々のウイルスによって起こる感染症の総称。発熱から始まり,重症化すると体のあちこちの粘膜から出血し,ショック状態に陥り,死にいたることも少なくない。アフリカなどで各種の動物からそれまで知られていないウイルスがヒトに感染,いわゆる突発感染症 emerging infectious diseaseとして恐れられる。黄熱,デング熱,腎症候性出血熱が古典的であるが,アフリカなどの開発と交通網の発達により,いろいろな出血熱が突発的に知られるようになった。代表的なものにエボラ出血熱マールブルク病ラッサ熱クリミア・コンゴ出血熱がある。これら四つの出血熱は日本では,感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律 (感染症新法) でペストと並ぶ1類感染症に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウイルス性出血熱の関連キーワードクリミア‐コンゴ出血熱感染症予防医療法マールブルグ熱マールブルグ病流行性出血熱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android