コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォリス ウォリス Wallis, John

6件 の用語解説(ウォリスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォリス
ウォリス
Wallis, John

[生]1616.11.23. ケントアシュフォード
[没]1703.10.28. オックスフォード
ニュートン以前のイギリスにおける最も有名な数学者。 1632年,ケンブリッジ大学入学。 40年,司祭に任命される。当時のイギリスはチャールズ王と国会との間に戦争が起きていたが,ウォリスは国会派の一人として,王党派の暗号通信を解読して名をあげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウォリス
ウォリス

「ウォレスウォレスウォレスウォレスウォレスウォレスウォレスウォレスウォレスウォレスウォレス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウォリス(John Wallis)

[1616~1703]英国の数学者。オックスフォード大教授。カバリエリデカルトの考えを継承・発展させ、微積分学への道を開いた。無限大の記号∞の導入のほか、暗号や論理学の分野でも業績を残した。著「無限小算術」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウォリス

英国の数学者。神学から転向,1649年オックスフォード大学教授。《無限小算術》(1655年)で極限の概念を導入,微積分学へ道を開き,円錐曲線を研究,無限大に∞の記号を用いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ウォリス【John Wallis】

1616~1703) イギリスの数学者。カバリエリやデカルトの考えを継承。無限級数・補間法による大胆な推定により多くの求積問題を解き、円錐曲線を解析幾何学的に論じ、微積分学への道を開く。無限大の記号 ∞ を導入。イギリス王立協会創始者の一人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォリス
うぉりす
John Wallis
(1616―1703)

イギリスの数学者。オックスフォード大学幾何学教授。カバリエリ幾何学的求積法(「不可分者」による発見的方法)を数値解析的手法で記号代数的発見法に整理し、xp(p>-1)やxの多項式の定積分に相当する公式を導き、円積問題でも、

に相当する考察を経て、無限積表示(ウォリスの公式)

を得た。これは、既知の数値表のなかに隠された真理を、暗号解読のような方法で推測した結果で(彼は若年のころピューリタン革命で議会派に属し、暗号解読に従事した)、その手法は青年ニュートンを刺激して、流率法の骨子たる二項定理の発見を促した。[村田 全]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォリスの関連キーワード藤堂高紹玄冬懸命瑞験国際稲研究所FM KENTO科捜研の女〈11〉セントラル・パーク事件タシケントタワーケンケンとびのけんちゃん

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウォリスの関連情報