ウォリス(英語表記)Wallis, John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォリス
Wallis, John

[生]1616.11.23. ケント,アシュフォード
[没]1703.10.28. オックスフォード
ニュートン以前のイギリスにおける最も有名な数学者。 1632年,ケンブリッジ大学入学。 40年,司祭に任命される。当時のイギリスはチャールズ王と国会との間に戦争が起きていたが,ウォリスは国会派の一人として,王党派の暗号通信を解読して名をあげた。 45年,ロンドンに移住。 W.オートレッドの『数学の秘訣』を読んで,数学に非常な興味を覚える。 49年,オックスフォード大学の幾何学の教授に選ばれ,以後,生涯にわたって数学の研究を続ける。イタリアの物理学者 E.トリチェリの本を読んで,円の求積に興味をもち,『無限小の算術』 (1655) を著わす。このなかで彼は,負の指数や分数の指数を史上初めて導入した。ニュートンの微積分の創造はこの本の影響によることを,ニュートン自身が述べている。 57年の『普遍数学』は,代数,算術,幾何など,当時の数学のあらゆる分野について述べており,無限大の記号∞を史上初めて使っている。 45年以来,ロンドンで毎週,科学の研究会を主催していたが,この会がのちに,ロンドン・ロイヤル・ソサエティ設立の一つの母体となった。

ウォリス

ウォレス」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウォリス

英国の数学者。神学から転向,1649年オックスフォード大学教授。《無限小算術》(1655年)で極限の概念を導入,微積分学へ道を開き,円錐曲線を研究,無限大に∞の記号を用いた。他に潮汐(ちょうせき),衝突,共鳴,文法,論理学,暗号など研究は多岐にわたる。王立協会創設者の一人。→無限小

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ウォリス【John Wallis】

1616~1703) イギリスの数学者。カバリエリやデカルトの考えを継承。無限級数・補間法による大胆な推定により多くの求積問題を解き、円錐曲線を解析幾何学的に論じ、微積分学への道を開く。無限大の記号 ∞ を導入。イギリス王立協会創始者の一人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォリス
うぉりす
John Wallis
(1616―1703)

イギリスの数学者。オックスフォード大学幾何学教授。カバリエリの幾何学的求積法(「不可分者」による発見的方法)を数値解析的手法で記号代数的発見法に整理し、xp(p>-1)やxの多項式の定積分に相当する公式を導き、円積問題でも、

に相当する考察を経て、無限積表示(ウォリスの公式)

を得た。これは、既知の数値表のなかに隠された真理を、暗号解読のような方法で推測した結果で(彼は若年のころピューリタン革命で議会派に属し、暗号解読に従事した)、その手法は青年ニュートンを刺激して、流率法の骨子たる二項定理の発見を促した。[村田 全]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android