コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウキヤガラ

3件 の用語解説(ウキヤガラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウキヤガラ

水辺にはえるカヤツリグサ科多年草北海道〜九州,東アジアなどに分布。茎は三角形で高さ約1m,下方に幅5〜10mmの細長い葉を数個つける。花穂は夏〜秋,茎頂に出,1〜2回分枝して,長楕円形で濃褐色の小穂を10個内外つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウキヤガラ【Bolboschoenus fluviatilis (Torr.) T.Koyama ssp.yagara (Ohwi) T.Koyama(=Scirpus yagara Ohwi S.maritimus auct.non L.)】

河原や沼沢地の湿地に群生するカヤツリグサ科の多年草。水底の泥土中に長く横にはった根茎があり,先端に黒っぽい皮に包まれたクワイ形の塊茎を作る。茎は塊茎から立ち上がり,高さ1mくらいで,数個の節があって,3列に並んだ線形の長い葉をつける。夏の終りに茎の頂に3~4枚の葉状苞を出し,その間に短い柄のある小穂数個をつける。小穂は楕円形で,褐色,長さは2cmくらいある。鱗片の外側に細い毛が生え,果実はひし形で三稜があり,基部に3~6本の刺針をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウキヤガラ
うきやがら / 浮矢柄
[学]Scirpus fluviatilis (Torr.) A. Gray

カヤツリグサ科の多年草。高さは約1メートルから1.5メートル。茎は三稜(さんりょう)形で、基部は球状に膨れ、地下に長い走出枝がある。茎の先に散房状の花序がつく。小穂は十数個つき、長さ1~2センチメートルで褐色である。日本各地の日当りのよい湿地や浅い水中に群生する。和名は、枯れた茎を弓の矢柄に例え、それが水に浮かぶことによる。朝鮮、中国、さらに北アメリカにも分布する。[木下栄一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウキヤガラの関連キーワード畦蚊帳吊笠菅寒枯藺四角藺油茅蚊帳吊草小米蚊帳吊狸蘭針藺水蚊帳釣

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウキヤガラの関連情報