コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウサギギク

3件 の用語解説(ウサギギクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウサギギク

キク科の多年草ベーリング海西部沿岸の寒帯に分布し,日本では本州中部以北の高山の草地にはえる。茎は高さ12〜35cm,枝分れしない。下部の葉はさじ状で対生,上部のものは小型でしばしば互生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウサギギク【Arnica unalaschensis Less.】

高山のやや湿った草地に生えるキク科の多年草(イラスト)。春の雪どけとともに2枚で対となる葉が急速にのび,その様子が耳をそばだてたウサギに似ているので,ウサギギクと呼ばれている。花の形を金色の車に見たてて,キングルマともいう。中部地方以北の本州,北海道,千島,カムチャツカからアレウト列島およびサハリンから沿海州に分布する。地下茎は長く横にはい,太く,春先の急速な伸長のために養分を蓄えている。茎は直立し,高さ12~35cmで,枝分れしない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウサギギク
うさぎぎく / 兎菊
[学]Arnica unalaschensis Less. var. tschonoskyi (Iljin) Kitam. et Hara

キク科の多年草。茎は20~30センチメートルで直立し、対生葉をつける。雪解けとともに展開する対生葉がウサギの耳にみえるところから名がつけられた。また、7~8月、茎頂に直径約5センチメートルの鮮黄色の花をつけるところからキングルマともよばれる。花が美しいので鉢植えにして観賞される。植土はミズゴケがよい。中部地方以北の本州、北海道、千島、アリューシャンに分布する。北方の地では平地の草原に生えるが、本州では高山の草地に生える。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone