コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウニタ ウニタ L'Unità

5件 の用語解説(ウニタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウニタ
ウニタ
L'Unità

イタリア共産党 (現左翼民主党 ) の機関紙。 1924年 A.グラムシミラノで創刊。第2次世界大戦後はローマとミラノで発行され,最盛期の 1970年代なかばには発行部数約 27万部に達したが,東西冷戦の終結や政治構造の変化に伴い購読者が激減,2000年7月 28日付を最後に刊行を停止した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウニタ(〈イタリア〉L'Unità)

《統一の意》イタリアにあった日刊新聞。1924年、共産党機関紙として創刊。1991年、同党が左翼民主党などに分裂した際に一般紙となったが、2014年に休刊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウニタ

イタリア共産党の機関紙として,1924年に創刊の朝刊紙。意味は〈団結〉。1991年,左翼民主党に党名変更された後も継続して発行,フランスの《ユマニテ》と並んで,最も有力な西欧共産党機関紙。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウニタ【L’Unità】

かつてのイタリア共産党機関紙,現在は左翼民主党に近い日刊紙。名称は〈団結〉の意。1924年,グラムシトリアッティらによってミラノで創刊され,人民戦線の形成に貢献。第2次大戦終結まで非合法の地下新聞として,反ファシズム闘争に活躍した。戦後は共産党の躍進とともに発展,50年代前半の最盛期にはミラノ,ローマ,トリノジェノバ4都市で印刷,日曜版は100万部を超えた。フランスの《ユマニテ》と並んで,最も有力な西欧共産党機関紙とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウニタ
うにた
L'Unit

イタリア共産党(PCI)の元機関紙。1924年、共産党の創始者アントニオグラムシが創刊。ムッソリーニファシスト政権下では弾圧されたが、第二次世界大戦中地下新聞としてレジスタンス活動に加わった。戦後、書記長トリアッティの指導で党勢が拡大するにつれ発行部数を伸ばし、最盛期の1960~70年代には30万部に及んだ。とくに日曜版は「ウニタ友の会」に支えられ120万部を達成した。90年代なかばに共産党が解体、左翼民主党Partito Democratico della Sinistra(PDS)に改組されるのに伴って、外部資本を導入し独立の経営体となった。しかし左派系の新興紙『レプブリカ』(1976年創刊)の攻勢を受けるなど、発行部数は約5万部までに落ち込み、1000億リラの負債を抱えて2000年7月倒産、発行を停止した。[小松原久夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウニタの言及

【機関紙】より

…ジョレスが暗殺されて以降は,《ユマニテ》の低迷をマルセル・カシャンが主幹になって立て直した。《ユマニテ》が共産党中央機関紙となったのは20年からだが,以降イタリアの《ウニタ》,中国の《人民日報》,日本の《赤旗》とならんで,日刊の共産党機関紙の代名詞のようになっている。しかし政党機関紙は共産党だけにあるのではない。…

【サルベーミニ】より

…1901年からメッシナ大学で近代史の講義を担当,05年には《フランス革命》や《マッツィーニの宗教,政治・社会思想》などのすぐれた歴史書を出版する。10年にピサ大学の教授となり,翌年デ・ビーティ・デ・マルコといっしょに週刊評論誌《ウニタ》を創刊(‐1920),反リビア戦争,反保護主義の運動を繰り広げる。同時に,もっぱら北部の工業労働者のみを重視し,南部の農民には救いの手を差し伸べようとしない社会党の政策に対しても強い批判を行い,同党から離脱した。…

※「ウニタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウニタの関連キーワードイタリア共産党ニャンザン労働新聞ロシア共産党トリアッティポリセントリズムイタリアの左翼民主党オーストリア共産党コロンビア共産党ユーゴスラビア共産党

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウニタの関連情報