コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミウチワ ウミウチワ Anthogorgia bocki; sea-fan

3件 の用語解説(ウミウチワの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミウチワ
ウミウチワ
Anthogorgia bocki; sea-fan

刺胞動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ヤギ目トゲヤギ科。一平面内に扇状に広がった群体をつくり,大きなものでは高さが 1mにもなる。枝は不規則に分岐し,それぞれが互いに癒合して網状になる。黒い角質の骨軸をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウミウチワ

花虫綱トゲヤギ科の腔腸(こうちょう)動物。群体は扇状に一平面に広がり,高さが1mにもなる。枝は不規則に分かれ,互いに癒合(ゆごう)して網状。枝の全面に直径1mmほどのポリプが群生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

海藻海草標本図鑑の解説

ウミウチワ

からだは硬くやや厚い革質で,扇型〜ラッパ型を呈し,縁辺部は内側に向かって巻き込む。老成したものは縦に裂け目が入ることがある。巻き込んだ縁辺の先端 部には生長点細胞が一列に並ぶ。からだの両面には細く短い毛(褐藻毛)が生え,特に基部付近はこの毛に密に覆われる。からだの先端部の髄層は5〜6層であ るが,中間部や基部の髄層は8〜11層で,ときにそれ以上となる。生体は明褐色〜褐色。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウミウチワの関連キーワードラッパー核果テングニシヒメエゾボラコルク樫ダハラック諸島ぼうけん!メカラッパ号フクロフノリヒラムカデアヤボラ(綾法螺)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウミウチワの関連情報