コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミウチワ Anthogorgia bocki; sea-fan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミウチワ
Anthogorgia bocki; sea-fan

刺胞動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ヤギ目トゲヤギ科。一平面内に扇状に広がった群体をつくり,大きなものでは高さが 1mにもなる。枝は不規則に分岐し,それぞれが互いに癒合して網状になる。黒い角質の骨軸をもつ。共肉は比較的厚く,枝の全面に直径 1mmほどの多数の個虫がある。紀伊半島以南,西太平洋の水深 200m内外にすみ,黒い骨軸が岸に打ち上げられることがある。(→サンゴ刺胞動物花虫類無脊椎動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウミウチワ

花虫綱トゲヤギ科の腔腸(こうちょう)動物。群体は扇状に一平面に広がり,高さが1mにもなる。枝は不規則に分かれ,互いに癒合(ゆごう)して網状。枝の全面に直径1mmほどのポリプが群生する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

海藻海草標本図鑑の解説

ウミウチワ

からだは硬くやや厚い革質で,扇型〜ラッパ型を呈し,縁辺部は内側に向かって巻き込む。老成したものは縦に裂け目が入ることがある。巻き込んだ縁辺の先端 部には生長点細胞が一列に並ぶ。からだの両面には細く短い毛(褐藻毛)が生え,特に基部付近はこの毛に密に覆われる。からだの先端部の髄層は5〜6層であ るが,中間部や基部の髄層は8〜11層で,ときにそれ以上となる。生体は明褐色〜褐色。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

ウミウチワの関連キーワード壱岐手長島海域公園地区阿波大島海域公園地区ウミウチワ(海藻)木ノ浦海域公園地区コナウミウチワ褐藻植物腔腸類海藻

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウミウチワの関連情報