コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミタケガイ Barnea dilatata; mud piddock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミタケガイ
Barnea dilatata; mud piddock

軟体動物門二枚貝綱ニオガイ科。長 8cm,殻高 5cm,殻幅 4cm。殻は白色,薄質,卵楕円形でふくらみ,前・後端は両殻の間が広く開く。殻表は淡黄色の薄い殻皮をかぶる。前縁は反転し,その上に柳葉形の石灰質の前板が載る。殻頂からは放射肋が出,成長脈と交って前方では強い棘状になる。殻内面は白色で,殻頂の下には石灰質の棒状突起がある。軟体では出・入水管が太くて長く,融合して1本のようになっている。房総半島以南,西太平洋の内湾潮間帯下の泥底に深い穴を掘ってすむ。特に有明海,瀬戸内海に多い。水管を食用とし,粕漬や乾物にする。採取は,泥中に矢車状に羽のついた棒を突き入れ,これを回して水管をむしり取る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウミタケガイ

ニオガイ科の二枚貝。高さ5cm,長さ8cm,幅4cm。殻は白色で薄く弱い。後端は両殻の間が開き,薄い革質の皮で包まれた太く長い水管をつき出す。本州中部以南,特に有明海などの内湾の潮間帯の泥底に多く,深い穴を掘ってすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミタケガイ
うみたけがい / 海茸貝
dilated piddock
[学]Barnea (Umitakea) dilatata

軟体動物門二枚貝綱ニオガイ科の二枚貝。水産物としてはウミタケという。東京湾以南九州に至る全土に分布し、内湾の潮間帯から水深10メートルぐらいまでの泥底に深く潜入してすむ。貝殻は横長の方形で、膨らみの高い両殻をあわせると卵円筒形となる。殻長80ミリメートル、殻高50ミリメートル、殻幅40ミリメートル。殻表は白色で、縁部には藁(わら)色の殻皮が残っている。両殻の前端は腹方へ斜めに裁断したように広く開き、ここから円筒形の足が出る。後端も広く開き、ここからは太く長い水管が出るが、殻皮に覆われている。殻表には間隔のあいた成長肋(ろく)があり、これらと放射状肋との交点は棘(とげ)状になっていて、とくに殻の前半域において顕著である。殻の前端は反転して背縁にまくれ上がり、その上にヤナギの葉形の前板がのっている。内面も白色で、殻頂下から棒状突起が突出する。有明海ではとくに多く、食用に採取される。[奥谷喬司]

料理

有明海で漁獲され、食用にするのは水管である。なまのまま酢じょうゆか酢みそをつけて食べると美味である。しょうゆ漬けにしたものは酒の肴(さかな)に適し、また、揚げ物、煮物にもする。干したものは保存食料として用いられ、味はするめに似ているが、さらにうまいといわれる。みそ漬け、粕漬けにしたものはかなり大量につくられ、大都市のデパートなどに出ている。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウミタケガイの関連キーワード穿孔貝海茸海笋

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android