コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラハグサ

3件 の用語解説(ウラハグサの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウラハグサ

イネ科の多年草。本州中部の特産で,山地の谷の崖などにはえる。茎は細く,高さ40〜70cm。葉は,表は白色を帯び,裏は緑色で,表は常に下面を向く(裏葉草の名はこの性質による)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウラハグサ【Hakonechloa macra (Munro) Makino】

日本特産のイネ科の多年草でヨシに近縁である(イラスト)。園芸家の間ではフウチソウと呼ばれ,盆栽等に使われる。谷川の崖等に群落を作って生える。地下に密に鱗片におおわれた根茎があり,茎は密生し,細いが硬く,多くは崖下に向かって垂れる。葉は茎の節に互生し,茎が下向きのため常にその白っぽい裏面が上になるか,茎が上向きに伸びる時は葉の付け根からよじれて裏が葉の表に表れるため裏葉草の名がある。葉身は長さ8cmくらいの幅の狭い披針形で,先は長くとがる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラハグサ
うらはぐさ / 裏葉草
[学]Hakonechloa macra (Munro) Makino

イネ科の多年草。稈(かん)は細くてやや堅く、多くの細い走出枝を出して株をつくり、高さ30~50センチメートル。葉の表面は粉白色、裏面は緑色で光沢をもち、脈が隆起し、基部でねじれるため表裏が反転する。8~10月、円錐(えんすい)状の花穂を出し、まばらに小穂をつける。小穂は広披針(こうひしん)形で、5~10個の小花があり、包穎(ほうえい)が短く、護穎は3脈あってその縁(へり)は伸長した基盤とともに糸状毛が生える。1属1種の日本特産属で、関東地方西部、東海地方や紀伊半島の山中の崖(がけ)に群生する。名は、葉の表裏が反転することによる。風知草(ふうちそう)の名で観賞用に栽培される。属名は箱根の草という意味のラテン名である。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone