ウルグアイ・ラウンド(英語表記)Uruguay Round

翻訳|Uruguay Round

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルグアイ・ラウンド
Uruguay Round

関税と貿易に関する一般協定(ガット GATT)における貿易自由化のための 8回目の大規模交渉ラウンド)。1986年9月にウルグアイプンタデルエステで交渉開始が宣言されたことにちなむ。過去 7回のラウンドに比べて,(1) 史上最多の 124ヵ国が参加,(2) サービス,知的財産権(知的所有権)などの新分野を扱う,(3) 交渉期間中は各国とも保護主義的措置を控える(スタンドスティル・ローバック)などの特徴がある。新たに取り上げられた農産物貿易の問題をはじめ,各交渉分野とも利害の対立は複雑なものであったため,当初,1990年12月のブリュッセル閣僚会議での合意が予定されていたが,交渉は難航し,1993年12月にようやく妥結された。特に農業交渉では関税化を含む保護措置の削減が実現した。なお,合意事項の実施のために GATTは発展的に解消し,紛争処理機能を強化した世界貿易機関 WTOが設立された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウルグアイ・ラウンド

世界貿易のルールづくりをめざす関税貿易一般協定(GATT)の多角的貿易交渉のこと。124の国とEC代表が参加した。ウルグアイで1986年に開始宣言されこの名がつく。長らく関税引下げが議論の中心となってきた農業・繊維製品をはじめとし,これ以外のサービスや知的所有権など15の分野について論議が重ねられた。1990年の農業交渉で,米国とECが対立,1992年1月には個別品目の関税率やサービスの規制緩和を決める具体的論議に入った。1993年末実質的合意に達し,日本は米(こめ)市場の部分開放を決定した。1994年4月にはマラケシュ宣言と最終文書の採択が行われ,これらの合意の実施と紛争解決のため,1995年1月1日にGATT自体は世界貿易機関(WTO)に生まれ変わった。→ウルグアイ・ラウンド農業合意
→関連項目ASEAN自由貿易圏減反政策世界食糧サミット相互主義多国間主義農産物貿易細川護煕内閣

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルグアイ・ラウンド
うるぐあいらうんど
Uruguay round

ガット(GATT、関税および貿易に関する一般協定)の新ラウンド(多角的貿易交渉)のこと。1948年に発足したガットは、加盟国間で自由・無差別な貿易を推進し、世界経済の安定と発展を図るという基本理念にのっとって、70年代までに7回の貿易・関税交渉を行い、関税引下げなどに大きな成果をあげてきた。しかし1980年代に入って、保護主義の高まりや、サービス貿易など商品貿易以外の国際取引の増加などの状況の変化に伴い新たな交渉の必要性が叫ばれるようになった。それに呼応して、86年9月にウルグアイで開催されたガット閣僚会議で交渉開始が宣言されたのが、ウルグアイ・ラウンドとよばれる第8回の貿易交渉である。
 第1回から第5回までのガットの貿易・関税交渉の主要な対象は関税の引下げであったが、第6回のケネディ・ラウンドと第7回の東京ラウンドでは、それに加えて農産物の問題や非関税障壁の低減も交渉対象とされ、多数の開発途上国も参加して規模が拡大した。ウルグアイ・ラウンドでは参加国は100か国を超え、交渉対象もさらに拡張されて、関税や非関税障壁の引下げや撤廃による市場開放だけでなく、サービス貿易の規制緩和やガットのルール確立・強化も交渉課題となった。[志田 明]

農業分野の交渉が難航

交渉は15の分野に分かれて開始されたが、それらは大別して三つのグループに集約される。第一は、今回新たに採り上げられた分野で、技術やデザインなど知的財産権の保護に関するルールの策定を扱う分野、直接投資の増大に伴って生じているローカル・コンテント要求などの制限措置の廃止を扱う分野、金融、通信などのサービス貿易の市場参入規制軽減を扱う分野である。第二は、保護が続いている農産物や繊維製品の市場開放について交渉する分野。第三は、緊急避難的な輸入制限(セーフガード)措置やアンチ・ダンピング措置について、その乱用を防ぐためのルール策定を扱う分野である。
 当初1990年末までに終結する予定であった交渉は、多くの分野で遅延を余儀なくされた。91年4月に交渉グループは七つに再編成され、12月に事務局長が最終合意案(ドンケル・ペーパー)を提示した。焦点である農業分野における最終合意案のポイントは、すべての農産品輸入について関税化に移行(例外なき関税化)、最低輸入量(ミニマムアクセス)の設定などである。[志田 明]

新ラウンド決着

1993年12月、ウルグアイ・ラウンドは曲折を経ながらも、ついに合意に達した。最終包括協定案(サザランド・ペーパー)は94年4月に調印され、95年に発効した。新ラウンドの発効とともに、暫定的な機関であったガットは紛争処理機関を強化した正規の国際機関として、世界貿易機関(WTO)に衣替えした。[志田 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウルグアイ・ラウンドの関連情報