コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルップソウ ウルップソウ Lagotis glauca

4件 の用語解説(ウルップソウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルップソウ
ウルップソウ
Lagotis glauca

ウルップソウ科の多年草。北東アジアアラスカの寒帯や高山帯に生じる。全草やや多肉質でベンケイソウ科イワレンゲなどに似ているところからハマレンゲの名もある。根生葉は有柄の広卵形で長さ約 10cmになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウルップソウ

ウルップソウ科の多年草。白馬岳(しろうまだけ),八ヶ岳北海道礼文島の礫(れき)地にはえ,千島,カムチャツカ,アラスカにも分布。葉は広卵形で長さ10cm内外,厚く,つやがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウルップソウ【Lagotis glauca Gaertn.】

高山の湿った砂礫地(されきち)に生えるウルップソウ科の多年草(イラスト)。和名は,千島列島ウルップ島で最初に見つけられたことによる。茎は短く太い根茎に分かれて株をつくり,先に多くの葉が群生する。葉は卵円形または腎形の肉質で先は円く,長さ5~10cm,幅5~13cm,先の鈍い重鋸歯がある。夏,葉の間から高さ15~25cmの花茎を伸ばし,円柱形で大きな苞葉のある花穂に多数の青紫色の小さな花をつける。萼は筒状で腹面が基部まで裂ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルップソウ
うるっぷそう
[学]Lagotis glauca Gaertn.

ウルップソウ科の多年草。葉は根際に群生し、肉質で卵円形または腎臓(じんぞう)形、鈍鋸歯(どんきょし)がある。夏、葉の間から花茎を伸ばし、密に多数の花を穂状につける。萼(がく)は膜質で鱗片(りんぺん)状。花冠は青紫色で唇形。雄しべは2本で花筒の上部につく。高山の湿った砂礫地(されきち)に生え、八ヶ岳(やつがたけ)、北アルプス、北海道の礼文(れぶん)島、千島、カムチャツカに分布する。名は、千島の得撫(うるっぷ)島で最初に採集されたのでいう。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルップソウの関連キーワードコマクサ(駒草)御蓼小梅蕙草砂礫紅葉唐松高野蕨オンタデイワオウギ(岩黄蓍)オオバヤナギ(大葉柳)コメバツガザクラ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウルップソウの関連情報