コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーデ ウーデ Uhde, Fritz von

3件 の用語解説(ウーデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウーデ
ウーデ
Uhde, Fritz von

[生]1848.5.22. ボルケンブルク
[没]1911.2.25. ミュンヘン
ドイツの画家。初め軍人となったがのち画家に転向。ドイツ印象派 (→印象主義 ) の画風から出発したが,のちにオランダ派の影響を受けた。また S.スペンサー風の新約聖書の宗教画で知られ,宗教的人物を現代風の衣装で描き,当時の最もすぐれた宗教画家となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウーデ
ウーデ
Uhde, Wilhelm

[生]1874. ノイマール
[没]1947. パリ
ドイツの美術批評家,収集家。 H.ルソーなどの画家の発見に功があり,彼ら日曜画家を「素朴派」と名づけて定義づけた。著書『五人の素朴画家』 Fünf primitive Meister (1948) その他。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウーデ【Fritz von Uhde】

1848‐1911
ドイツ写実主義を代表する画家の一人。ウォルケンブルクに生まれ,ピロティマカルトなどを手本として修業を積んだのち,17世紀オランダ絵画やM.リーバーマンの影響を受けて写実的作風を確立した。背景の窓からの光を巧みに利用した室内情景の描写を得意としたが,中でも,《幼な児を我がもとに来らせよ》(1884)等,新約聖書からの題材を,極めて写実的に,しかも現代的な場面設定の中に描き出している。【有川 治男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウーデの関連キーワード新写実主義ネオレアリスムラーベルートウィヒリアリストグロス博士の臨床講義ライブル詩的写実主義写真的写実主義超写実主義

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウーデの関連情報