コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーデ Uhde, Fritz von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウーデ
Uhde, Fritz von

[生]1848.5.22. ボルケンブルク
[没]1911.2.25. ミュンヘン
ドイツの画家。初め軍人となったがのち画家に転向。ドイツ印象派 (→印象主義 ) の画風から出発したが,のちにオランダ派の影響を受けた。また S.スペンサー風の新約聖書宗教画で知られ,宗教的人物を現代風の衣装で描き,当時の最もすぐれた宗教画家となった。代表作『最後の晩餐』『東方三博士の礼拝』。

ウーデ
Uhde, Wilhelm

[生]1874. ノイマール
[没]1947. パリ
ドイツの美術批評家,収集家。 H.ルソーなどの画家の発見に功があり,彼ら日曜画家を「素朴派」と名づけて定義づけた。著書『五人の素朴画家』 Fünf primitive Meister (1948) その他。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウーデ【Fritz von Uhde】

1848‐1911
ドイツ写実主義を代表する画家の一人。ウォルケンブルクに生まれ,ピロティ,マカルトなどを手本として修業を積んだのち,17世紀オランダ絵画やM.リーバーマンの影響を受けて写実的作風を確立した。背景の窓からの光を巧みに利用した室内情景の描写を得意としたが,中でも,《幼な児を我がもとに来らせよ》(1884)等,新約聖書からの題材を,極めて写実的に,しかも現代的な場面設定の中に描き出している。【有川 治男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウーデの関連キーワードルソー(Henri Rousseau)分離派(芸術革新運動)オメロ アントヌッティカミーユ ボンボアノベルティ・ソングマスウード・ベイオウデマンの法則スペイン継承戦争中東史(年表)サウジアラビアアブー・ザイドウーシマー県アルミニウスイスラム文化シュトゥックアフリカ探検千夜一夜物語セラフィーヌ5月22日4月25日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウーデの関連情報