コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウードン ウードンHoudon, Jean Antoine

6件 の用語解説(ウードンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウードン
ウードン
Houdon, Jean Antoine

[生]1741.3.20. フランスベルサイユ
[没]1828.7.15. フランス,パリ
フランスの彫刻家。スロッツおよび J.ピガールに師事。 20歳でローマ大賞を獲得して4年間ローマに留学,1768年パリに帰るまで同地に滞在し古典彫刻を学んだ。 77年王立アカデミー会員となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ウードン(Jean-Antoine Houdon)

[1741~1828]フランスの彫刻家。端正な形式美性格描写とによる肖像彫刻の傑作を残した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ウードン

フランスの彫刻家。ベルサイユ生れ。ピガールに師事し,一時ローマに滞在して古典を学ぶ。後期ロココと次代の新古典主義をつなぐ彫刻家で,ボルテール像のほか,ワシントンナポレオン1世など同時代の著名人の肖像彫刻を多く残し,モデルの的確な性格描写で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウードン【Jean‐Antoine Houdon】

1741‐1828
18世紀フランスを代表する彫刻家。ベルサイユに生まれる。父親が王立アカデミー付属の学校の鍵番であったため,少年時代から美術に親しみ,9歳の時から彫刻を始めた。1761年ローマ賞を得て64‐68年の間,イタリアに学び,古典に熱中するとともに,解剖学的な形態研究にうちこむ。パリでは,すでに公的なポストが占められていたため,個人の注文によって制作せざるをえなかったが,それらの顧客のなかには,ザクセンゴータ公などがおり,ウードンは,この友人ディドロの推薦をえた顧客のために,著名な大理石《ディアナ》を制作している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ウードン【Jean Antoine Houdon】

1741~1828) フランスの彫刻家。新古典主義時代に活躍した肖像彫刻の代表的作家。一九世紀レアリスムの先駆をなした。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウードン
うーどん
Jean-Antoine Houdon
(1741―1828)

18世紀フランスの彫刻家。ベルサイユに生まれる。ルモワーヌおよびピガルに学び、1761年にはローマ賞を獲得。64~68年イタリアに留学。古典の研究のかたわら解剖学的研究を行い、帰国後、ディドロの紹介によってゴータ公の庭園のために制作した『ディアナ』(リスボン、グルベンキァン美術館)などの神話的図像の作品で名声を得、またルイ16世時代の様式を確立する。他方、肖像彫刻においてもこの時期の指導的な彫刻家であり、ディドロ、ボルテール、J・J・ルソー、ベンジャミン・フランクリンなどの彫像を残している。解剖学的真実を求める彼は、ルソーのデスマスクを用い、またボルテールの場合には死の前夜までポーズさせている。同時に彼は、これらの個性を表情や姿勢や視線の動きのなかにとらえ、その点でも18世紀的な作風を確立した。[中山公男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウードンの関連キーワード寛保堀江六之丞ヘンデルのメサイア江島絵本番付寛保御柳月僊元文古万古

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone