コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エイトフ図法 エイトフずほう Aitoff's projection

4件 の用語解説(エイトフ図法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エイトフ図法
エイトフずほう
Aitoff's projection

ロシア人 D.エイトフ (1854~1934) が 1818年パリで考案した地図投影法擬方位図法の一種で,横軸正距方位図法を横方向だけ2倍に引伸しする変換 (エイトフ変換という) で得られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エイトフ‐ずほう〔‐ヅハフ〕【エイトフ図法】

1889年、ロシアのエイトフ(D.Aitoff)が考案した図法。正距方位図法の半球図を、横方向に2倍に引き伸ばしてできる楕円に、全地球を表すもの。ハンメル図法と似るが、正積ではないので実用価値は劣る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

エイトフずほう【エイトフ図法】

楕円形の擬方位図法の一。1889年ロシア人エイトフ(D. Aitoff)が創始。モルワイデ図法と似るが、緯線が中央経線を遠ざかるほど赤道の外側に湾曲する。一つの楕円内に世界全図を描くことができる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エイトフ図法
えいとふずほう
Aitoff's projection

地図投影の一種。横軸正距方位図法で円形に表される半球図を、赤道に平行な横方向に2倍に引き伸ばした楕円(だえん)形にして地球全体を表す図法。楕円の長軸を赤道、短軸を中央経線とし、球とした地球の半径をRとして、長軸の長さは2πR、短軸の長さはπRとする。正角図法、正距図法、正積図法のいずれでもないが、この変形の結果を正軸とみなして、これから横軸、斜軸の場合の作図も考えられ、それらを含めて地図帳の世界全図に用いられる。横方向に2倍引き伸ばす方法は1889年にロシアのエイトフDavid Aitoff(1854―1933)が発表し、ドイツのハンメルErnst von Hammer(1858―1925)が1892年にその紹介記事のなかで横軸正積方位図法への応用を述べた。その後、20世紀中期のフランス語文献では、この変換をエイトフ変換と命名した。[金澤 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エイトフ図法の関連キーワード白だも身光楕円形・橢円形広楕円形楕円運動楕円形跋扈柳西洋酸桃マイクロペレットイド楕円形石器

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone