コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エイランタイ(依蘭苔) エイランタイ

2件 の用語解説(エイランタイ(依蘭苔)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エイランタイ(依蘭苔)【エイランタイ】

北海道〜四国の高山の地上に生ずる地衣類で,北半球に広く分布。全体が濃いくり色で,地上に直立し高さ3〜6cm,枝分れして樹状を呈する。ふつう多数群生し,基部が次第に腐朽して赤褐色に変色し,全体が基物から遊離する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エイランタイ【エイランタイ(依蘭苔) Cetraria islandica (L.) Ach.】

北半球の寒帯や高山の地上に生え,北欧ではトナカイの餌になるウメノキゴケ科の樹枝状地衣(イラスト)。革質で褐色または緑褐色。地衣体は多数集まって生じ樹枝状に分枝して立ち上がり,高さ3~6cm,幅2~5mm,縁にそって黒色の短い突起を密生する。仮根はない。表面は平滑で全体に微小な白点(偽盃点)がある。子器は地衣体頂端につき,腎臓形で褐色。髄層は白色。近縁のマキバエイランタイC.ericetorum Opiz.(イラスト)は地衣体が著しく管状となり,偽盃点が地衣体の葉縁にそってできる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エイランタイ(依蘭苔)の関連キーワード北半球周極星南半球極流鼠海豚山鳥茸依蘭苔塩竈菊ホウキタケ亜寒帯循環

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone