エイランタイ(依蘭苔)(読み)エイランタイ

百科事典マイペディアの解説

エイランタイ(依蘭苔)【エイランタイ】

北海道〜四国の高山の地上に生ずる地衣類で,北半球に広く分布。全体が濃いくり色で,地上に直立し高さ3〜6cm,枝分れして樹状を呈する。ふつう多数群生し,基部が次第に腐朽して赤褐色に変色し,全体が基物から遊離する。白い点状の擬盃点(表層の一部が欠落して白い髄が露出したもの)を表面に散生する。デンプン質を多量に含み食用となる。北欧では製粉して商品とされる。近縁のマキバエイランタイは外形が本種とよく似るが,擬盃点は側面にだけ生ずる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エイランタイ【エイランタイ(依蘭苔) Cetraria islandica (L.) Ach.】

北半球の寒帯や高山の地上に生え,北欧ではトナカイの餌になるウメノキゴケ科の樹枝状地衣(イラスト)。革質で褐色または緑褐色。地衣体は多数集まって生じ樹枝状に分枝して立ち上がり,高さ3~6cm,幅2~5mm,縁にそって黒色の短い突起を密生する。仮根はない。表面は平滑で全体に微小な白点(偽盃点)がある。子器は地衣体頂端につき,腎臓形で褐色。髄層は白色。近縁のマキバエイランタイC.ericetorum Opiz.(イラスト)は地衣体が著しく管状となり,偽盃点が地衣体の葉縁にそってできる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android